2006年02月記事

憂鬱な脳味噌

category:脳ミソと英語(英語勉強法)
tag:英語四方山話

NYに来たたばかりの頃、日本語は話さない!
と決意した時期があった。

日本人率30%近い語学学校で、かなり至難の業であったが、
敢行した分、最初の月は欧語圏の人達に劣らず順調に伸びていった。

続きを読む
ブログランキング・にほんブログ村へ←ちょっと応援
PAGE TOP

カタカナ英語

category:英語の発音
tag:変な英語

カタカナ英語の弊害を口にする人は多いので、今更ここで言うまでもないが、それでも、やっぱり一言いいたい

カタカナ英語を見るたびに、自分の日本語訛りのひどい、わけわからない英語が聞こえてくるようで、とっても恥ずかしくなる。しかも、それがおしゃれ系雑誌に堂々と載っていると、「いやいや、恥ずかしいから…。カッコ悪いから…。」と突っ込みを入れてしまうのだ。

続きを読む
ブログランキング・にほんブログ村へ←ちょっと応援
PAGE TOP

カタカナ発音

category:英語の発音
tag:変な英語

NYには様々な人種がいて、様々な訛りがある。こうした訛りに接していると、「正しい発音」にこだわるのは、いかがなものかと思う のである。

英語母語の人達の間でも発音の違いがあり、訛りに対する差別は、人種差別に繋がりかねないので、強く「訛りを無くせ」なんて言う人はあまりいない。

続きを読む
ブログランキング・にほんブログ村へ←ちょっと応援
PAGE TOP
2006年02月:
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。