2008年06月記事

フォニックスお役立ちリンク

category:英語の発音
tag:フォニックス

語学学校で先生が教えてくれたのは、フォニックス簡素版とでも言うべきもので、そんなに細かくなかった。

そんなに細かくない割には、結構使えて、たまに例外があるけれど、英語に慣れてくれば、「見えてくる」し、慣れる為に必要なのはこの程度。
という、とても英語学習者にとってありがたいものだった。

それを、桜の英語教室でまとめあげようと思っているのだが、
英語の構造を読むブログに力を入れ始めたのと、
予想外にレイアウトの手直しに時間がかかっているのとで、
手が回らずにいる。
続きを読む
ブログランキング・にほんブログ村へ←ちょっと応援
PAGE TOP

英語の母音

category:英語の発音
tag:フォニックス

英語の発音 子音編 は、キチンと昨年作ったのだが、
母音編、フォニックスもその後作ろうとして、
全然手が付いていない。

手を付けたいところはいっぱいあるが、
デザインを変えようとして失敗して、
無駄に時間を費やしている。

いかんいかん。続きを読む
ブログランキング・にほんブログ村へ←ちょっと応援
PAGE TOP

K の発音 part II

category:英語の発音
tag:苦手な発音

何を思ったか、桜の英語教室のホームページのレイアウトを変えようと思った。
スタイルシートを使っているから、そんなに大変じゃないだろうと思ったのが間違い!

どこで間違えたか、レイアウト総崩れ!!!
直すのに、あーでもない、こーでもないと大変な目に!


あ、それを話したいわけではない。手直しをしている時、英語の発音子音編を読み直した。その話
続きを読む
ブログランキング・にほんブログ村へ←ちょっと応援
PAGE TOP

ローマ字と英語

category:英語の発音
tag:フォニックス

英語の発音 UDA式30音DVDのサイトには、お試しで一部DVDの内容が見られる。

その中で、日本人が「ハッピー」と言う。
そして、綴りがでる。
"huppie"
それは、"happy" ではありません。

そう、ローマ字と英語の音は全然違う。
続きを読む
ブログランキング・にほんブログ村へ←ちょっと応援
PAGE TOP

フォニックス

category:英語の発音
tag:フォニックス

英語は表音表記である。なので、漢字を覚える時みたいに、手で書いて覚える必要は無い。

英語の表音の仕組みを覚えれば、あとは、その法則に則って読めばよい・書けばよい。

何でそんな単純な事、私は学校で習わなかったのだろうと今ではとても不思議に思う。
フォニックスについては、賛否両論、実はある。
ウィキペディア参照

が、英語を外国語として学ぶものにとって、これ程効率的な方法ってないように思う。
ブログランキング・にほんブログ村へ←ちょっと応援
PAGE TOP

英語は表音表記

category:英語の発音
tag:フォニックス

ニューヨークに来たての頃、語学学校に通っていた。

真剣に英語を勉強していた私は、休み時間に新しく出てきた単語を必死にノートで練習してた。

それを見た先生が、一言、「何でそんな事しているの?」と聞いた。

「綴りを覚えるため。」と私が答えると、
ますます不思議そうに先生は、
英語は表音表記だから、音がわかれば綴りもわかるでしょう?そりゃ、多少の例外はあるけれど、それだって、ルールが多少あるから、そんな、書いて練習する時間があったら、皆と話して、もっと会話力を上げなさい。」 と言った。
続きを読む
ブログランキング・にほんブログ村へ←ちょっと応援
PAGE TOP

Kの発音

category:英語の発音
tag:苦手な発音

本日は、子供の学芸会の運営係をしていた。

こういう仕事の時は、運営係と言うより、ベビーシッターである。幕を引っ張ったり、変なものを触ったりしないよう、気をつけていなければならない。

で、舞台の机やら何やらを片付けるシーンチェンジがあったので、舞台の袖で座り込んでいる子供達に、
"I have to clean up the stage, so please clear this area.”
と言ったら、
"what?"という返事。

そばにいた先生が、
"Clear here. She has to clean up the stage. Move, move!"
と言ってくれて、生徒達は動いた。
続きを読む
ブログランキング・にほんブログ村へ←ちょっと応援
PAGE TOP

inside out と upside down

category:使える英語表現
tag:英単語・熟語

絵が逆さま とか、Tシャツを裏返しに着る とか、英語でスムーズに言えるだろうか?

小難しい英文法は知っているのに、案外こういう英語が出てこなくて、困った事あった。

逆さまに飾ってあった漢字の額縁を見て、「それ逆さまだよ。」と言いたかったのに、「逆さま」がわからなくて、
"That's wrong!"
と言った私。
続きを読む
ブログランキング・にほんブログ村へ←ちょっと応援
PAGE TOP

言い逃れの方法

category:使える英語表現
tag:英会話表現

"I was under the impression that  it was you doing this."

「何時になったら、リストをもらえるの?」と聞いた時に、
リストを作成するはずの人間にこういわれた。
続きを読む
ブログランキング・にほんブログ村へ←ちょっと応援
PAGE TOP

Long Story Short

category:使える英語表現
tag:英単語・熟語

友人Nの話はいつも面白い。波乱万丈な人生を送る彼女はネタに尽きる事がない。

そんな彼女の口癖は、
"Long Story Short,"
話の合間に上手く使ってリズムよく話を進める。
続きを読む
ブログランキング・にほんブログ村へ←ちょっと応援
PAGE TOP
2008年06月:
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。