高い鼻

category:英語と日本語
tag:変な英語

先日友人に「日本人は何で鼻に"tall"という形容詞を使うんだ?」と聞かれた。

何でかと言えば、日本語の「高い」の訳が、"Tall" だからなのだが、英語では、"a tall nose"という言い方はない。"a big nose"という言い方があるが、これは非常に失礼な表現。


友人曰く、"a tall nose" と聞くと、鼻下から鼻の付け根(両目の間)までが縦長の鼻が思い浮かび、"a long nose"みたいなイメージが湧くそうである。

"tall"は、普通より高さが大きいという意味なのだけれど、「高い鼻」という表現に馴染みがないので、「鼻の高さってどこからどこだ?」という混乱するそうだ。

"tall"は垂直の縦の部分を形容する物で、横ではない。その上、自分の立場をコロコロ動かさない英語では、直立のまま"tall"とは?と考えるから、確かに、「鼻の高さって?」となってしまうのも解る気がする。

「日本人の感覚からすると、顔の平面を底辺にして、鼻先まで測って、鼻が高い・低いという表現になる。」と、顔を上に向けて、二人の鼻の高さを指で測り、「ほら、あなたの鼻の方が高いでしょう?」と説明すると、多少納得したようだが、それでも、「高い鼻」という表現は奇妙だと言い続けていた。

"tall"という単語の解釈そのものの問題に加えて、そもそも「高い鼻」に憧れず、鼻の整形 "nose job" と言えば、たいてい削る事を意味するという、文化の差による、感覚の違いが引き起こしたこの問題。

と言うわけで、たかが「高い鼻」と、初級レベルの単語で表現できそうな言葉だけれど、実は簡単に英語には訳せない言葉なのだ。

「桜が見ているニューヨーク」鼻の話もどうぞ





↓カテゴリ100位内目指してます。
人気ブログランキングへ
2007年01月27日

海外旅行ブログ村| 英語ブログ村
| 英語と日本語| 変な英語| | Comment(0) | TrackBack(0)
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
この記事へのトラックバック
コメントを書く
お名前: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]
※画像の中の文字を半角で入力してください。


 ※桜が承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。