ローマ字と英語

category:英語の発音
tag:フォニックス

英語の発音 UDA式30音DVDのサイトには、お試しで一部DVDの内容が見られる。

その中で、日本人が「ハッピー」と言う。
そして、綴りがでる。
"huppie"
それは、"happy" ではありません。

そう、ローマ字と英語の音は全然違う。

ローマ字も、日本人の英語の発音の悪さに貢献していると思う。

ローマ字を使うメリットって何なのだろう。

演劇史の授業のたびに、教授から、
正しい日本語の発音を教えてくれと頼まれた。

danjuro は 英語読みでは、団十郎にならないからである。

私が、「団十郎、女形」と言うと、
教授は決まってそれを、英語式に表記していた。

例えば、dun jue lo のように。

そうそう、友人の会社は、numina koeboe という。
彼女は、「工房」の綴りを考える時、ローマ字ではなく、
英語母語の人達に幾つか聞いていた。

私は、koh boh かな、と思ったが、koeboe と綴るのが
一番「工房」に近かったそうだ。

少なくとも英語母語の人には、
ローマ字は全く違う音になってしまうのだった。




↓カテゴリ100位内目指してます。
人気ブログランキングへ
2008年06月27日

海外旅行ブログ村| 英語ブログ村
| 英語の発音| フォニックス| | Comment(0) | TrackBack(0)
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
この記事へのトラックバック
コメントを書く
お名前: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]
※画像の中の文字を半角で入力してください。


 ※桜が承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。