K の発音 part II

category:英語の発音
tag:苦手な発音

何を思ったか、桜の英語教室のホームページのレイアウトを変えようと思った。
スタイルシートを使っているから、そんなに大変じゃないだろうと思ったのが間違い!

どこで間違えたか、レイアウト総崩れ!!!
直すのに、あーでもない、こーでもないと大変な目に!


あ、それを話したいわけではない。手直しをしている時、英語の発音子音編を読み直した。その話

たしか、これは昨年作ったページ。
作りながら、一生懸命発音の練習をしていた頃を思い出していた。

で、また、今回も思い出した。

特に、いわくつきの"K"

ニューヨークに来て一年ぐらい経った頃、
10年ぐらい住んでいる日本人の人に、
「まだ、K が『ク』の発音になっちゃうね。」
と指摘されたのだ。

clear, clean は、「く」ではなく、K

母音抜きの英語発音練習を沢山していたが、
Kの音は息を強く抜こうと意識しないと、
ついつい、「う」の音が入ってしまうようである。

発音練習は、ここ数年小まめに行っていない。

ガキンチョどもに馬鹿にされないよう、
また、やろうかなと、ちょっとサイトの
手直しをしながら思ったのであった。

ちなみに、桜の英語教室 英語の発音子音編
はまだ未変更。

私のPC上では見るも無残な状態だが…

-----------------------------------------------------

英語は表音表記
英語のアルファベットの読み方がわかれば、英語は正しく読める。
無料レポート
フォニックスって何?


英語の発音をみっちり基本から
英語の発音 UDA式30音DVD


-------------------------------------------------




↓カテゴリ100位内目指してます。
人気ブログランキングへ
2008年06月28日

海外旅行ブログ村| 英語ブログ村
| 英語の発音| 苦手な発音| | Comment(0) | TrackBack(0)
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
この記事へのトラックバック
コメントを書く
お名前: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]
※画像の中の文字を半角で入力してください。


 ※桜が承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。