Hello

category:英語と日本語
tag:通訳・翻訳

"Hello!" って日本語でなんて言うの?
と聞かれると解説5分に入ってしまう。

「やぁ」「元気?」「おはよう」「こんにちは」「こんばんは」にとこれらの丁寧ヴァージョンと、時と場合において、色々あるから。
「話が長い」と飽きられるので、できるだけ短いヴァージョンを作るよう心がけている。

米語でも特に、"Hi," "How are you?" "hello" を意識的に使い分けることはないから、ヴァージョンの違いがある点からまず入って、
時間的な違いから、"(Good) morning, Good afternoon, Good evening," があるように、日本語にもある事を話す。


"Good morning" "Good afternnon" "Good evening"  みたいなちょっとかしこまった挨拶をするような相手なら、「おはようございます。」「こんにちは」「こんばんは」などを使うと言いつつ、「こんにちは」「こんばんは」などは、"hello" 的に軽く使われる事もあると話す。


ついでに、仕事場では、「おはようございます。」が何時でも使われると教える。


日本では、目上の人に、「やぁ」「元気?」などと挨拶することはまずないから、アメリカでは、"Hello" でも、日本では、「お元気ですか?」「おはようございます。」「こんにちは」「こんばんは」になると解説。

でも、友達なら、「やぁ」「元気?」などが一番いいかな、と言うところで落ち着く。



たかが、"Hello" されど "Hello" 。文化的背景・生活習慣等々、色々盛り込めるのである。
もっと話そうと思えばもっと長く話せる。



でも最近は、「友達なら」という部分を先に言うようにしている。
そうすると、少しは「長い」という感覚を持たせずに済むようだ。



ちなみに、「こんにち」「こんばん」である。「わ」じゃないよ。





↓カテゴリ100位内目指してます。
人気ブログランキングへ
2008年09月10日

海外旅行ブログ村| 英語ブログ村
| 英語と日本語| 通訳・翻訳| | Comment(0) | TrackBack(0)
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
この記事へのトラックバック
コメントを書く
お名前: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]
※画像の中の文字を半角で入力してください。


 ※桜が承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。