数字の魔力

category:ニューヨーク
tag:地下鉄ネタ

ポケポケしてせっかくの連休を無駄にしてはいけないので、今日はお散歩に出かけた。で、地下鉄に乗ったら、こんな広告が…。

"In 1986, the subway and bus fare was $1. That's $1.89 in 2008 dollars. Today, 30 day Unlimited Ride Metro Card brings the fare down to $1.17. Believe it."
1986年1ドルだった運賃。1986年の1ドルは、今、2008年の1ドル89セントであり、30日定期なら、一回平均1ドル17セント何だから、地下鉄は値上がりしてないという事か。


でもちょっと待て。

2008年で1ドル89セントの価値という事は、現在2ドルの運賃は物価上昇率より上がっているという事。


それに、ホントに、1986年から物価上昇率が189パーセントにもなっているの?という疑問も。(ちょっとサクッと検索してみたが、何処でどう調べれば良いかわからなかった。。。経済音痴である。)


30日定期購入率が全体のどれくらいなのかは知らないが、意外と高くないのではないかとも思われる。


アメリカのお給料って、週払いや2週間払いが多くて、その日暮らしならぬ、その週暮らしをしている人も多く、地下鉄で定期を購入している人を見ると、1週間とか、2週間定期の人多い。

もっとも、家の近所は低所得者や中低所得者層が多いせいもあるだろうけれど。

そう考えると週25ドルの定期は、25÷14で、約1.64ドル。

週14回使うという事にしているけれど、職場との行き来だけだったら、週5日で10回、20ドルが通常だから、定期買うほうが損するという、微妙な心理も働いたりするのである。



そんな値段構成になったのが、今年の3月。以前は、10ドル買えば1回分のおまけがついていたのも、1ドルのおまけに減ってしまった。

私がニューヨークに来たばかりの8年前は、一回1ドル50セント。1日券はたった4ドルだった。それが、今や1日券は7ドル50セントと、買っても得した気がしない。


そんな、微妙に「得した気がしない」料金改正をして半年。文句が多いからきっとこんな広告だしたのかな。



が、どうも、このニューヨークの地下鉄の広告、ケンカを売ってる感じがする。サービス向上が見られないのに値上がりばかりだからだろう。

こんな数字で言い訳考えている暇あったら、せめて、定期的に電車が走るようにしておくれってなもんである。




↓カテゴリ100位内目指してます。
人気ブログランキングへ
2008年11月17日

海外旅行ブログ村| 英語ブログ村
| ニューヨーク| 地下鉄ネタ| | Comment(0) | TrackBack(0)
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
この記事へのトラックバック
コメントを書く
お名前: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]
※画像の中の文字を半角で入力してください。


 ※桜が承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。