芝居の事など

category:芝居・映画の事など
tag:演劇論

先日お芝居を見た。最近は忙しくて自分が関わっていないお芝居を見る機会がトコトン減ったので、とても良い機会でした。

Off Off Broadway にしても、大学の芝居にしても、つくづく思うのが、「上手い人多いなぁ」ということ。ニューヨークで苦労していないで、日本に行って「外タレ」数年やってお金稼ぐのも良いのでは?と思ってしまう。特に美形だと。

ただ、先日見たお芝居の中で1人だけ、「下手」な人がいたものだから、ちょっと演技の事など書きたくなった。今日はそんなお話を。

私は日本のドラマを見なくなって大分久しくなる。理由は単純で、演技が「カタイ」から。台詞を言っているだけで、役の奥深さが全く伝わらない。


「何の事言っているの?」と思う方は、一度テレビの音を消して、映像だけを見てみて欲しい。本当に演技ができる人は、表情、しぐさでしっかり「役」を伝えているから。


でもって、これは「演技ができる」というレベルの話。ある意味「役者」を名乗るなら出来て当たり前のレベル。

上手い役者とは、さらに、「見ていて楽しい」と思わせる人。


昨日のお芝居では、登場人物5人のうち、4人は、「見ていて楽しい」というレベルに達していた。

動作の一つ一つが、とても自然で「役柄」を伝えている。その上、動きが言葉のリズムに乗っている。独りよがりのナルシスト的な感情移入ではなく、しっかり観客の存在を知り、話を伝え「見せる」事を知っている。

この「自然さ」は「作り上げられたもの」である事は、舞台で仕事をしている人間ならば、見抜ける事。その難しさも知っているから感動もする。

けれども、1人だけ、「台詞を言う人」に過ぎなかった。他の4人が、台詞を理解し、消化し、役を作り上げていただけに際立ってしまっていた。

声量は一番強かった。けれども「気」が小さい。体が呼吸をしていないのが伝わってくる。カタイのだ。


恐らく、英語の話せない母が見たら、「彼は警察官」という衣装が作り上げたキャラクターしか理解できなかっただろう。他の4人は、どんな人なのか、その動きから、その声質から、きっと理解できたはずだ。

日本のテレビドラマで、音を消しても楽しめるものはどれくらいあるのだろう。台詞を聞かせるのではなく、その台詞を言う「役」を演じる事のできる役者さんは、どれくらいテレビに出ているのだろう。

そんな事を、帰国が近づくなかでちょっと憂鬱に思うのである。




↓カテゴリ100位内目指してます。
人気ブログランキングへ
2008年11月25日

海外旅行ブログ村| 英語ブログ村
| 芝居・映画の事など| 演劇論| | Comment(0) | TrackBack(0)
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
この記事へのトラックバック
コメントを書く
お名前: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]
※画像の中の文字を半角で入力してください。


 ※桜が承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。