掃除の時間

category:アメリカ
tag:比較文化

今、私は私立の中学のお芝居に関わっているのだが、まぁ、お子様達の甘やかされている事、甘やかされている事。

私なんぞが、一言二言注意したところで、威力は全く無いに等しい。一緒に働いている友人は、「鞭が必要だぁ!」と叫び、他のデザイナーは、「無視するのが一番」と決め込んでいる。

初めは腹立って仕方なかったけれど、先日、ちょっとした事件が起きて、甘やかす大人の方に腹が立って、子供の方が少し可愛そうになってきた。
子供達と美術のクラスの先生達が、劇場(というか大広間)で大きな垂れ幕を作っていた時のこと。

私達は、その大広間でセット作りをしているので、行って見てびっくり。そんな話聞いていないという事で、彼らを追い出す事となった。

ま、上の人間がスケジュール調整を間違えたので、美術クラスは渋々別の場所に移ったが、見事なまでに、後片付けをしていかなかったのである。

それを私達に押し付けたわけではなく、学校の清掃係りに当然のごとく言い渡し、とっとと去っていったのである。

キチンと下にカバーを敷かなかった為に、床はペンキだらけ。それを人に押し付けて、先生達はさも同然の顔をしている。

子供達も、掃除をしてくれている人に「ありがとう」もなく、たったか横を過ぎていく。


アメリカの学校では、公立だろうと私立だろうと「掃除の時間」というのが無いというのは聞いたことがあった。

日本で英語を教えていた友人は、驚くと同時に感動したと言っていた。「自分達の教室は自分達でキレイにする。」というのは、子供達に責任感を持たせる良い方法だと。


一方、掃除の時間の無いアメリカでは、先生までもが、「どんなに自分達が汚しても、掃除は清掃係がする仕事。」という態度なのである。

その態度が、子供に何を教えているのか、わかっているのだろうか。


子供達が親に甘やかされすぎていて、先生を召使ぐらいにしか思っていないと愚痴も聞いたが、自分達自身が人に後始末をさせて平気な態度なのである。

しかも、学校の清掃員は皆ラテン系移民。

授業では人権とか市民権運動とかご立派に議論しているのも耳にしたが、目の前でしっかり「階級社会」の存在を教えているじゃないか。

その階級からいけば、先生達よりも、子供達の家庭の方がワンランク上なのは明らか。召使扱いされても仕方無いと自分達で認めているようなものである。


「階級社会」があるのは事実だけれども、少なくとも、「ありがとう」とか、しゃべっている暇があったら手伝うとか、「人間」としての手本ををキチンと示すべきではないのだろうか。

そういう「お金」とは違う価値の存在を教えずして、どうして「金持ちで甘やかされている」なんて子供達の事を言えるのだろう。


甘やかされているのは、子供達のせいなのか


大広間で1人懸命にモップでペンキを洗い落としている清掃員の横を団体が過ぎ去る様を見つつ、「お前らも、掃除せんかい!」と怒鳴りたい気持ちだった。

一方で、仕事を失うわけにもいかず、雇い主の友人や演出家に迷惑をかけるわけにもいかず、黙っていなければならない自分の立場にもちょっとイラついた出来事だった。




↓カテゴリ100位内目指してます。
人気ブログランキングへ
2008年12月10日

海外旅行ブログ村| 英語ブログ村
| アメリカ| 比較文化| | Comment(2) | TrackBack(0)
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
Posted by お喋り笛吹き 12月15日
ね〜。このお掃除の時間。ないんだよね・・・。私はそれだけの為に、子供を日本人学校に入れたい勢いだけど、そういう分けにもいかないし。。。。。

これはこっちだと、ポーランド人(など東欧移民系)、アラブ系移民の仕事ってふうになるんですがね。

コッチの人の考えで”掃除をしてしまっては、ポーランド人のお仕事を取ってしまう”とか考えるって聞いたけど・・・微妙。

サルコジvsロワイヤル(仏大統領選)の時、ロワイヤル派の仏人が、だって外人閉め出すような事してごらん。フランス人にはポーランド人が必要。掃除してくれる人がいなくなる。ポーランド人にだって仕事が必要なんだ。
と言ってるの聞いて微妙だなぁって思ったよ。頭の中に完全に掃除=ポーランド人みたいなのが出来ていて、それを全然不思議に思ってなかったし、仕事与えてやってる的思考である事にも気づいてない様子だったし、そこにどこか上から目線があることにも気づいてない様子だったし。
ポーランド人がフランスに掃除しに移住して来なくても済むように支援するっていう方がいいんじゃないの?って感じだった。。

掃除しない→汚す事を気にしない→町が汚い

っていうのもあるよね。

掃除しない→掃除は移民系がするもの

っていう思考も、三つ子の魂100までで残っちゃうんですよね。

この掃除は、本当にいつも思うわ。

Posted by 秋野桜 12月15日
うん。掃除の時間って決して好きではなかったし、ホントに「掃除」しているかと言うと疑問も多々あるが、あの時間の存在は大切だなって思う。

それにしても、外国人を「メイドが必要だから」なんて感覚で受け入れるのもどうなのかね。日本の外国人への門戸の狭さもなんだけれど、そんな精神を育てるくらいなら、鎖国政策の方が良いね。
コメントを書く
この記事へのトラックバック
コメントを書く
お名前: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]
※画像の中の文字を半角で入力してください。


 ※桜が承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。