電子渡航認証システム(ESTA)とその注意事項

category:旅の情報・心得
tag:渡航情報

電子渡航認証システム(ESTA)って知ってますか?

以前、アメリカ入国時の注意事項という記事で、私のドジ話をした時に、コメント頂いたきっかけで、私は知りました。

米国に短期商用・観光目的(90日以下)で渡航する、ビザなし渡航者は、米国行きの航空機や船舶に搭乗する前にオンラインで渡航認証を受けることが義務化されるとの事。2009年1月12日から完全義務化

グリーンカードくじの時にも「無料で応募できるのに、お金取ろうとするサイトがあるので、注意して下さいね。」というお話しましたが、どうやら、このESTAシステムでも、お金をとろうとする、第三機関が存在するようです。

電子渡航認証システム(ESTA)のオンライン申請は無料です。将来的には有料になるかもと言っていますが、今は無料です。

アメリカ大使館のサイト上でも説明していますし、申請ページには日本語もあります(入力は英語)。


で、この電子渡航認証システム(ESTA)、基本的には、72時間つまり、3日前までにオンラインで「アメリカに行くよぉ」という事を伝えるというシステム。

即時に認証できるようにしているので、突然の渡米が必要な場合でも対応できるそうですが、100%ではない。なので、飛行機のチケットを取ったら、手続きしておいた方が無難なよう。

このシステムで、何をするかというと、I-94W(出入国記録)という、今まで飛行機の中などで書いていた書類の代わりを果たすもの。

犯罪歴とか過去の渡米歴などを見て、事前に怪しい奴をはじき出す事らしいです。

怪しい履歴を持った方々が、怪しい履歴の残ったパスポートで渡米なさるのかどうかは疑わしいですが、紙の処理よりは、精度が上がるし効率も上がるのは確かかもしれません。


まぁ、本当はそんな事前チェックをしなくても、誰も襲ったりしない国づくりというのが、理想なのですが、中々そうも行かないようです。




↓カテゴリ100位内目指してます。
人気ブログランキングへ
2008年12月17日

海外旅行ブログ村| 英語ブログ村
| 旅の情報・心得| 渡航情報| | Comment(0) | TrackBack(0)
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
この記事へのトラックバック
コメントを書く
お名前: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]
※画像の中の文字を半角で入力してください。


 ※桜が承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。