「ハドソン川の奇跡」見るアメリカのニュース報道

category:アメリカ
tag:比較文化

昨日、パリ行きの格安飛行機チケットを見つけながらネットをウロウロしていたら、飛び込んできた、NY旅客機事故のニュース。あまりの間の悪さに一瞬、格安チケット検索の手が止まってしまった。

テレビを一年程前に売ってしまったので、私はニュースはもっぱらネットの文字情報。ライブ映像とか見始めるときりが無いので、殆んど見ない。

youtube.jpgが、YouTubeおもしろ無料動画で英語リスニングで、この話題を取り上げていたので、思わず見始め、YouTube旅行、そして、英語ブログまでいくつか読んでしまった。

で、このニュースの取り上げ方を見ながら、アメリカ・メディアと、日本のメディアの違いを、改めて考えた。
『NY旅客機墜落事故』ではなくて、『ハドソン川の奇跡 (miracle on the Hudson)』という、名画『34丁目の奇跡 (Miracle on 34th Street)』を連想させるような命名をしたのは、ニューヨーク州知事のよう。こんなドラマティックなタイトルを直ぐに付ける政治家のセンスもさることながら、それ行け!と、メディアもこの「奇跡」具合を駆り立てる。

確かに、ホントに奇跡的。メディアが駆り立てるまでもなく、パイロットの冷静な判断と手腕は賞賛もの。

とは言え、真冬のハドソン・リバー。前日には雪が降ったくらい、ここ最近は寒いのである。映画タイタニックを見た時に知ったけれど、この事故で無くなった人の殆んどは、溺死ではなく、凍死だった。不時着しても、救助が遅れれば、そんな事故につながる可能性もあった。

が、救出活動も奇跡的にスムーズ。

ハドソン川沿いの公園で何度かポケーッと数時間休日を過ごしたことあるけれど、ここは、船でいつも混雑している地帯。そこに飛行機が不時着して、どの船にも衝突しないどころか、こうした民間の船が、救助に一役買ったというのだから驚き。

期待は、メディアは、「元パイロット」や専門家を連れてきて、『ハドソン川の奇跡 (miracle on the Hudson)』を駆り立てる。

今回の事故は、人間が重い鉄を空に飛ばすずっと以前から、空を飛んでいた鳥が原因だったようで、責められる立場の人間がいないというのも、パイロット賞賛に一役買っていると思う。

ニューヨーク・タイムズで今回の水上不時着がどんなに難しいか説明しているように、異論の余地無く、ヒーロー的活躍を見せたパイロットだから賞賛は当然。それにしても、アメリカメディアは、こういうヒーローを作るのが好きだと思う。


2001年9月11日のテロの時、消防署員の活躍ぶり、ボランティアの活躍ぶりは、ビン・ラディンがどうのこうのという報道よりも多かったと記憶している。

2003年の大停電の時も、「何やっているんだ!」というバッシングよりも、「長距離歩かなければならない人に、在庫処分のスニーカーを提供するスポーツ・ショップ」とか、助け合う近所の人々とか、明かりのない夜を楽しむ人々という、ポジティブな側面を取り上げている事が多かった。

こういうニュースに慣れると、日本の否定的なニュースに対して「もうちょっと、建設的な取り上げ方できないのかな?」と思うこと多々ある。

ただ、オバマ大統領フィーバーもそうなのだけれど、この「ヒーロー」作り、加速度がどんどん増して、時々調整が付かなくなっているように思う。

彼の賞賛に異議を唱えるものでも何でも無いし、「肯定的なものの捉え方」は、日本のメディアに少し見習って欲しいと思うところなのだけれど、やはり度が過ぎるのはどうなのかな。

Screenwerk.jpg方向性は多少違うけれど、度が過ぎることは、日本もアメリカもおなじなよう。それに、度が過ぎることを嫌がる人達がいるのも、変わらないよう。

Screenwerk(英語)では、この大騒ぎに対し、ひと段落したら、今度は、本が出て、映画が出て、関係者間の「権利」の競争販売が起るかもと、予測している。

"Stay tuned for “Miracle on the Hudson.” This is America after all." (Screenwerk)

うん。まさしくそんな感じ。


蛇足だが、YouTubeおもしろ無料動画で英語リスニングでニュースを聞きながら、「ラガーディア空港」をキチンと聞きだせる方は、英語耳の持ち主と思う。

8年前、アトランタに上陸し、目的の空港はと聞かれ、「ラガーディア」と言っても、全然通じなかった。何度か、「ニューヨーク、ラガーディア」と繰り返したら、"LaGuardia?" と言われ、何となく似ていたから、「そう」と答えた記憶がある。

明日は、MovingSale。準備は全く進んでいない。ブログに逃げている場合じゃないよなぁ…。




↓カテゴリ100位内目指してます。
人気ブログランキングへ
2009年01月17日

海外旅行ブログ村| 英語ブログ村
| アメリカ| 比較文化| | Comment(0) | TrackBack(5)
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
この記事へのトラックバック
NYハドソン川に旅客機不時着水
Excerpt: NYハドソン川に旅客機墜落、乗客・乗員約150人以上 全員無事か 2009.1.16 06:45 NYハドソン川に墜落した旅客機(ロイター)  【ニューヨーク】米ニューヨーク市..
Weblog: もぅ新聞紙ゎ要らない | 2009-01-17
NYハドソン川に旅客機墜落、全員脱出!
Excerpt: 150人乗り米機、NYの川に墜落 2邦人含む全員脱出 2009年1月16日7時30分 墜落した旅客機=AP  【ニューヨーク】15日午後3時半(日本時間16日午前5時半..
Weblog: 地球の日記☆マーク♪のblog☆ | 2009-01-17
★「ハドソン川の奇跡」・・・
Excerpt: 「ハドソン川の奇跡」全員救助を導いた機長に称賛の声 <「ハドソン川の奇跡だ」。米ニューヨーク市マンハッタンのハドソン川に墜落したUSエアウェイズ機(1549便)の事故は乗員・乗客全員が無事救助され、大..
Weblog: スナフキン・レポート♪ | 2009-01-17
NYハドソン川に旅客機不時着 乗客ら155人全員救出
Excerpt: 『【ニューヨーク15日共同】米ニューヨークのハドソン川に15日、USエアウェイズの国内線旅客機が不時着した。同社は、乗客、乗員計155人全員が救出されたと発表。米メディアによると、軽傷者がいるだけで、..
Weblog: ブルー・カフェ | 2009-01-17
NYのハドソン川に旅客機不時着(追記アリ)
Excerpt: アメリカ・ニューヨークを流れるハドソン川に、旅客機が不時着しています。
Weblog: つらつら日暮らし | 2009-01-18
コメントを書く
お名前: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]
※画像の中の文字を半角で入力してください。


 ※桜が承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。