花粉症の英語と薬と花粉予想

category:使える英語表現
tag:健康表現

hanako.jpgニューヨークから帰って以来この一週間花粉症の症状が現れている。花粉観測システム(はなこさん)によれば、まだ花粉はあまり飛んでいないので、季節を先取りしているよう。

大気汚染はニューヨークの方が絶対にひどいし、得体の知れないものが沢山飛びまわっているだろうに、なぜか、ニューヨークでは大丈夫な体質。

ところが、日本に帰ってくると成田でクシャミ数連発したあと、鼻水がツツーッと出てきたのだから、たまらない。こうなると、花粉症だとわかっていても、もしかして、『日本アレルギー』なんて疑いも出てくる。


"I wonder if I'm allergic to Japan."
と、「日本はどう?」と聞く友人に思わず答えたが、そんな事嘆いていても仕方がない。ここは、花粉症をネタに英語のお勉強を。

花粉症は、英語でhay feverという。ただ、ニューヨークでは『花粉症』が一般的ではないのか、あまり聞かなかった。

クシャミ・鼻水、目のかゆみ等の花粉症症状の場合でも、
I have an allergy.
と、簡単に済ましてしまう人が多い。

I'm allergic to pollen.
I have a pollen allergy.

と「花粉アレルギー」という言い方もよく聞いた。

hay feverは、hay fever season, hay fever symptoms
といった使い方は多く聞いたけれど、
I have hay fever.
という使い方はあまり聞かない。allergic, allergy を使った表現の方が一般的と思う。

ちなみに、
I'm allergic to ○○.
I have ○○ allergy.
I have an allergy to ○○.

は、○○アレルギー という言い方の定番。

"Do you use sesame in this sauce? I have a sesame allegy."
なんて感じで食物アレルギーのある人は、レストランで確認したいもの。

I'm allegic to ○○. は、「〜嫌い」にも良く使われる。
代表的な例は、
"I'm allergic to math."
アメリカ人の算数嫌いは並大抵のものではない。

allergy の発音は、コチラ(goo 辞書)。『アレルギー』では通じないので気をつけて。


ところで、花粉観測システム(はなこさん)の「はな」の漢字が気になっている。

花粉だから、なのか、
花粉症症状の鼻水の  なのか。
こう鼻がグズグズしていると、瞬時に思いついたのは、なのだが…。

ちなみに、私は、ホノビエンという漢方薬を飲んでいる。即効性もあるのだが、10年程前、花粉の季節になる度に飲んでいたら、3年後に突然治ってしまった。その後2年程日本の春を鼻水・目のかゆみ無しに謳歌した。

This medicine quite works for hay fever, but I often forget to take it.

今回も一時的症状回避ではなく、完全治癒も狙っているのだが、ついつい飲み忘れて、鼻水がグズッとでてから、あわてて飲む低落である為、1日数時間は、鼻水子になっているのであった。。。




↓カテゴリ100位内目指してます。
人気ブログランキングへ
2009年02月03日

海外旅行ブログ村| 英語ブログ村
| 使える英語表現| 健康表現| | Comment(0) | TrackBack(0)
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
この記事へのトラックバック
コメントを書く
お名前: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]
※画像の中の文字を半角で入力してください。


 ※桜が承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。