第81回アカデミー賞 :日本作品の受賞で思うこと

category:芝居・映画の事など
tag:映画感想 アカデミー賞

第81回アカデミー賞では、「おくりびと
」と「つみきのいえ」受賞した。日本作品のアカデミー賞受賞は、宮崎駿監督の「千と千尋の神隠し」以来。あれが、2003年というから、あっという間に6年経っている。


色んなブログ記事を読んでも「見ていない」という感想が多いようで、私もその例に漏れず、その一人。だから映画の感想を語る事はできない。

が、「アカデミー賞ノミネート、受賞は最大の集客効果になる。」というように、日本映画に興味の無い私でも「観てみたい」と思うのでありまする。

観てみたいと思う一方で、「アカデミー賞受賞」といえども、不安に思う要素もあり。

私は比較的、一大スペクタクルや冒険物よりも、ドライビングMissデイジーのような「静かで淡々とした日常を描いた話」が好きである。この「おくりびと」も題材は特異ながら、「淡々系」に分類されそうな作品。

で、この「淡々系作品」は、役者さんの演技はもちろん、脚本の上手さ、監督を含めた作り手の細やかな演出がないと、「ジワリと心に染み入る」がなく、「退屈な話」で終わってしまうのである。


この、演技・脚本・演出の3本がしっかり揃った映画は、一大スペクタクルだろうと、静かな日常だろうと、まず滅多に無い。ただ、「静かな日常」の場合、迫力ある映像で観客を驚かせたり感動させたりする事が出来ない分、余計難しいと思うのだ。

だから、CMなどで、「お、心に染み入りそうなお話のよう。」と観に行っても手応えのないものが多かったりする。


日本社会の性質を考えた時、この「静かな日常」の題材は、欧米の映画よりも断然多いと思う。色んな意味で感情を表に出さないから、ドラマ作りの常套手段「葛藤」も、内面に収まっている事が多い。

だから、描く対象は沢山あると思うのだが、いかんせん、演技のできる『役者』が少ない。だから、結果的に「物足りない」場合が多いように思う。

物足りなさは、どんなに大きな賞が評価していようと、存在するのだ。

例えば、ベネチア国際映画祭でグランプリを受賞した、HANA-BI 。北野武氏と岸本加世子氏の言葉を交わさずに交わす交流という部分がとても評価されたと、雑誌で読んだ。が、北野武監督の描く淡々とした世界は好きだが、彼、演技はダメでしょう。

それが評価されちゃうって、「淡々とした演技」の奥深さ、わかってる?なんて思ってしまう。

本木雅弘 広末涼子両氏の演技は、「雰囲気はあるけれど、上手くはない」と思ったのがもう、十年ぐらい前。その後、どんな風に変わったか。その辺りが、私の映画評価に大きく関わりそう。


ただ、映画は役者だけで成り立つわけではない。実は滝田洋二郎監督
作品は以前に2つ程見たことがある。「木村家の人々」というもう20年も前の作品と、中井貴一、佐藤浩市出演の壬生義士伝

壬生義士伝は、ニューヨークの映画館で見たのだけれど、良い役者さんを使っているのに「もったいない」というパターンだった。台詞回しがどうもまどろっこしく、「話をしなくても伝える事のできる役者を使っているんだから、映像で魅せろ!」と思うところが多々あった。

唯一映像で「おぉ」と覚えているのは、中谷美紀が登場するシーン。歌をささやきながら人を待つその姿は、それだけで彼女のキャラクターが伝わり、美しさが伝わり、台詞なんて必要なかった。私の横にいたアメリカ人は、
"Gosh, she is so beautiful."
と息を呑んだほどであった。


なんにしても、、アカデミー賞受賞の「おくりびと」。
興味が引かれると同時に、この世界をちゃんとわかって評価したかね、アカデミー君なんて、ちょっと偉そうに思ったり。

いずれにしても観ようと思うが、DVD発売は来月のよう。いくつかまだ映画館で上映しているようだし、アカデミー賞受賞で、再上映始めるところもでるかな?4月に日本に戻ったら、早速見てみようと思うのであった。


おくりびと




↓カテゴリ100位内目指してます。
人気ブログランキングへ
2009年02月24日

海外旅行ブログ村| 英語ブログ村
| 芝居・映画の事など| 映画感想| アカデミー賞| | Comment(0) | TrackBack(5)
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
この記事へのトラックバック
おくりびと・つみきのいえにオスカー 動画あり
Excerpt: 【第81回アカデミー賞速報】「おくりびと」が外国語映画賞を受賞! 2月22日(日本時間23日)、米カリフォルニア州ロサンゼルスのハリウッド・コダックシアターで第81回アカデミー賞の授賞式が行われ、..
Weblog: zara's voice recorder | 2009-02-24
アカデミー賞「おくりびと」「つみきのいえ」オスカー獲得
Excerpt: 第81回アカデミー賞 「おくりびと」が外国語映画賞受賞第81回アカデミー賞で外国語映画賞は、日本の映画『おくりびと』が受賞した。 『おくりびと』はアカデミー賞の下馬評ではほとんど注目されていなかっ..
Weblog: SCRAMBLE-8 | 2009-02-24
アカデミー賞裏話
Excerpt: アカデミー賞の裏話が出来るような事情通ではない。なので、誇大広告タイトルである。 It's honor just to be nominatedで登場した、国際エミー賞ノミネートされた、Y君から聞い..
Weblog: 桜の英語四方山話(時々ニューヨーク) | 2009-02-25
第81回アカデミー賞決定〜
Excerpt: 第81回アカデミー賞決定〜    朝から外国語映画賞にノミネートされた『おくりびと』(僕のレビュー 『おくりびと(1回目)』、『おくりびと(2回目)』、「2008年ベストシネマ15..
Weblog: 京の昼寝〜♪ | 2009-02-27
☆第81回アカデミー賞授賞式
Excerpt: 第81回アカデミー賞授賞式は、ヒュー・ジャックマンを司会に迎えてロサンゼルスのコダック・シアターで開催されました。例年、WOWOWの生放送を見ながら速報をお届けしていましたが、今年は事情により、同日に..
Weblog: ★YUKAの気ままな有閑日記★ | 2009-02-28
コメントを書く
お名前: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]
※画像の中の文字を半角で入力してください。


 ※桜が承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。