アカデミー賞 裏話

category:芝居・映画の事など
tag:アカデミー賞

アカデミー賞の裏話が出来るような事情通ではない。なので、誇大広告タイトルである。

It's honor just to be nominatedで登場した、国際エミー賞候補のY君から聞いた資本主義大国アメリカらしい、エミー賞裏話。

この話を聞くと、「じゃ、アカデミー賞はどうなのだろう???」と思わずにはいられないので、ちょっと触れてみよう、という次第。

国際エミー賞とは、国際テレビ芸術科学アカデミー主催のアメリカ以外のテレビ番組を対象に与えられる賞。

この賞にノミネートされたY君は、当然のことながらその授賞式に参加した。アカデミー賞ほど華やかではないにしても、やっぱり、エミー賞。その夕食会とはいかなるものと、興味津々。

It's honor just to be nominated
とは考えられない事象を抱えるY君。この話題はあんまり乗り気ではなく、
「あぁ、豪華だったよ。メチャ高いからね。」
とつっけんどんに言った。

「え?メチャ高いって、お金払うの?招待じゃないの?」
そう聞くと、
「招待されなきゃ入れないけれど、お金も払わないといけないんだよ。1人500ドル。」

「えー、それ、払ったの?」
ビックリ仰天、叫ぶと、Y君はとても冷ややかな目で、
「自腹なわけないでしょ。会社が払ったんだよ。」
と言った。


実を言うと、多分、500ドル。だが、もしかしたら、150ドルかも知れない。いずれにしろ、
お金を払わねばならない。
という事と、その高額さに驚いたので(150ドルは私の金銭感覚では十分高額なのである)、しっかり覚えていない。ただ、何となく、「家賃並だ」と思ったので、500ドルと思う。


なんにしても、夕食に招待されても、高額な料金を払うのでは、貧乏な会社には厳しいものである。実際、彼の会社も「受賞の確率は?」なんて、冗談とは取りきれないことを聞いてきたらしい。

もし、1人500ドルだったら、グループでノミネートされた彼の場合、他のメンバー及び会社のお偉方で、おびただしい人数になってしまう。彼の会社の場合、夫婦同伴という形では無かったそうだが、当たり前である。


「それでも自分達は、ニューヨークにいるから良いさ。ロスや、海外からわざわざ授賞式の為にやってくる人達なんて、飛行機代、ホテル代も上乗せだからね。大変だと思うよ。」

大きなテレビ局なら良いけれど、友人の会社のように番組を数本作っている程度だと、「嬉し、痛し」なのである。


しかも、それだけではない。実は、エミー賞の像は有料なのである。舞台裏では、像の横にクレジットカードの機械があり、受賞者はここでお金を払わないと、あの像がもらえない。

コチラのお値段は忘れた。もしかしたら、これが、500ドルで食事代が150ドルかもしれない。本人に確認してみようかとも思ったが、"It's honor just to be nominated"で触れているように、彼はこの話題を喜ばないので、聞けずにいる。


なんにしても、誇らしげに高々と掲げるあの像に「お金を払っていた」事実に驚き、もう、金額なんてどーでも良くなっていた。

受賞作品と聞くと見たくなるのが大衆心理。ノミネート・受賞効果はそのまま、興行成績や会社の営業成績につながるのだから、「金払え」という論理なのだろうが、それにしても資本主義だ。

短編アニメ「つみきのいえ」で受賞した加藤久仁生監督が、「ソー・ヘビー(So heavy)」と言ったそうだが、像の重み、賞の重みに加えて、実は金額の重みもあるんではないかと、かんぐってみたりする。




↓カテゴリ100位内目指してます。
人気ブログランキングへ
2009年02月25日

海外旅行ブログ村| 英語ブログ村
| 芝居・映画の事など| アカデミー賞| | Comment(0) | TrackBack(1)
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
この記事へのトラックバック
☆第81回アカデミー賞授賞式
Excerpt: 第81回アカデミー賞授賞式は、ヒュー・ジャックマンを司会に迎えてロサンゼルスのコダック・シアターで開催されました。例年、WOWOWの生放送を見ながら速報をお届けしていましたが、今年は事情により、同日に..
Weblog: ★YUKAの気ままな有閑日記★ | 2009-03-01
コメントを書く
お名前: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]
※画像の中の文字を半角で入力してください。


 ※桜が承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。