オバマ大統領演説で英語学習…のコツ

category:脳ミソと英語(英語勉強法)
tag:オバマ大統領

天気が悪くて陰鬱気味だったけれど、今日はとっても良い天気。太陽の光と暖かさを感じられる、半そでのTシャツではしゃいでいる子もいたくらい、春を感じる日である。

流石にTシャツは無理だけれど、コートの下の厚いセーターを脱いで、これから街散歩に出かけようと思う。


というわけで、今日はサクッとブログ更新。オバマ大統領演説で英語学習を試みている方にピッタリのブログ記事を見つけたので。

オバマ大統領演説本、とても売れているようで本屋でも平積みの山。でも、大統領演説って、その魅力的な響きに比べて、「英語学習しよう」とするとけっこう難しかったりする。

私も一度英語の構造読みを取り入れたテキストを作ろうと思って、諦めたのであるが、作った人がいた。
英語の接頭辞と接尾辞でもご紹介した、英語学習サイト『英語をモノにするポッドキャストPodcast:オバマ就任演説の音声解説』でPDFファイルの解説テキスト(音声付)を無料配布している。

早速試してみたけれど、スピーチを聞くコツをとても見やすく解説していて、「自画自賛」なんていっているけれど、ここまでやるって、本当にスゴイ。


私も、英語構造を読むブログというのを運営していて、一時期は細かな解説等も試みたのだけれど、だんだんUPするのが大変になり、「語学学習はコマメにするのが大切!」という信念に相反するような不定期更新にあいなり、「自分に出来る事と英語学習している人に役立つ」両者を考えて、もっと単純化することにあいなった。

そんな経験を踏まえると、英語をモノにするポッドキャストPodcastの「定期的更新」と「本当に役立つ」学習内容には脱帽するのである。


テキスト内容の難度は上下するけれど、ただ「聞く」だけでなくて、「どう聞く」かをしっかり教えてくれているのが、とても良い。

私は、自分の英語の発音がとてもお手本にならないと自負している(?)から、とても出来ないが、発行人のhikarozuさんの発音は「日本人の英語」とわかるものの、英語ネイティブが聞いてもしっかり理解できるレベル。それくらいになりたいもんだ。


「なりたい」「なりたい」と言っていないで、本格的に発音矯正するべきなのだろうが、今は、とりあえず、フランス語。

まだまだ、「ヒット感」が得られない。語学学習はホント初期は大変。今日は天気が良いから散歩!なんて、サボる理由ばかり見つけてしまう。

サボる 語源:サボタージュ(sabotage) フランス語。

↓カテゴリ100位内目指してます。
人気ブログランキングへ
2009年02月28日

海外旅行ブログ村| 英語ブログ村
| 脳ミソと英語(英語勉強法)| オバマ大統領| | Comment(0) | TrackBack(3)
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
この記事へのトラックバック
スピーチを英語学習に役立てる方法
Excerpt: 皆様お久しぶりです。すっかり更新が滞っていました。 先日、英語サイトめぐりをしていたら、オバマ大統領の週刊演説ページを見つけたので...
Weblog: 英語教材を上手く使うブログ | 2009-07-27
健康保険改革を巡る攻防
Excerpt: ■課題英文■ 今週の「英語の構造を読む」課題は オバマ大統領の週刊演説 WEEKLY ADDRESS: President Obama Says Health Care Reform Cann..
Weblog: 英語の構造を読むブログ | 2009-07-27
オバマ就任演説で学ぶ8つのキーポイント!
Excerpt: 昨日は、演説を英語学習に生かす方法を、簡単に説明しましたが、実際の演説を使って細かく指導してくれている英語教材を、今日はご紹介した...
Weblog: 英語教材を上手く使うブログ | 2009-07-28
コメントを書く
お名前: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]
※画像の中の文字を半角で入力してください。


 ※桜が承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。