大道芸の心得

category:芝居・映画の事など
tag:大道芸人 演劇論

大都市や観光地には必ずいる大道芸人。ニューヨークのように、ストリート・パフォーマンスが一種の名物になっていると競争も激しくなり、必然的に質の高い大道芸人も多い。その質とは、単なる腕だけではない。

先日妹の旦那さんが、著名なヴァイオリニストが40分程大道芸を試みたが、殆んど人もお金を集められなかったという話をしたが、「パフォーマンスの腕」と「観客」「収入」がイコールにならないのが、大道芸の道である。

ニューヨークの大学で2つ目の課題はこの「大道芸人」についてだった。彼らを観察・分析しながら、"theater art" との関係を書きなさいというものだった。

演劇・音楽・大道芸、なんでも成功するには、
1."get attention"
2."keep attention"
3."collect money"
4."good location"

この4つの条件を満たさねばならない。特に、大道芸人の場合、この4つを全てパフォーマンスに組み込まなければいけないのである。

劇場で芝居や音楽を演奏する場合、1番の"get attention" 「注意を向ける」と、3番目の"collect money" 「集金」は、既に行なわれている。

売れっ子アーティストなら、事務所が広告、売り込みして、"get attentions" をしてくれるし、観客はチケットを購入してやってくるわけだから、"collect money"も必要ない。

駆け出しや中堅どころだと、自分達でこの2つのプロセスも行なうわけだけれど、それでも事前に行なうのが普通。劇場では"keep attention"、つまり質の良いパフォーマンスに集中すれば良い。


ところが、大道芸ではそうはいかない。

このことに気付いたのは、レポートを書く為に、週末2日ほど、ニューヨークで大道芸を見て回った時。ニューヨークでは42丁目のタイムズ・スクエア、グランド・セントラル駅、34丁目のペン・ステイション、14丁目のユニオン・スクエア、West4th のワシントン・スクエアなどで大道芸が見られる。


実際、色々なパフォーマーを見てみると「腕は良いのに人が集まっていない」場合、2つの原因があるのがわかる。

人を上手く集められるパフォーマーは、まず、しっかり"get attention" をする。ある程度観客が集まると、その観客が、他の通行人の気を引くようになる。つまり、自分は、劇場のパフォーマーのように、集まってきた人の注意を引き続ける質の良いパフォーマンスをすれば良いわけだ。

腕は良いのにあまり観客を集めていないパフォーマーは、この"get attention" が充分でないうちから、パフォーマンスを始めてしまっている。「お、何か始まるのかな」と立ち止まっている人達を無視して準備し、パフォーマンスによってのみ "get attention" と"keep attention" の2つを行なおうとしているのである。

上手い人だと、この準備段階で、通行人とアイ・コンタクトを取りながら音合わせをしたり、準備体操をしたりし、立ち止まった人を逃さないのだ。そうすると、パフォーマンスを始める頃には、すっかり観客が、"get attention" をしてくれる構図が出来上がっている。

あと、場所選びも重要。観客は自然と半円形を作る性質があるので、この目に見えない「舞台」と「観客席」をキチンと描いて大道芸をする場所を選ぶのは大切。
これが上手く出来ない場所では、人が集まりにくいし"collect money"も難しくなる。


「人が集まっているのに収入がない」場合、「お金の払わせ方」が下手なのだ。

一つは、「お金を払う場所」選び。よく、自分の目の前にお金を入れる場所を置いている人がいるけれど、観客の輪から抜け出て、大道芸人に近づき、小銭を入れるのはちょっとした心理的壁を打ち破る必要がある。

観客にしてみれば、ステージに上がっていくような気持ちになるわけで、それは中々勇気がいる。だから、「お金を払おう」と思う人も逃す場合がある。

ところが、それが「ステージの際」にあると、ポイッと入れて立ち去る事ができるのである。お金を入れる場所の置き方一つで、収入は決行違ってくるそうだ。

中には、「集金係」を作っている場合もある。これは、「良し・悪し」で、タイミングがよければ、お金を沢山集められるが、悪いとせっかく集まった観客を蹴散らす可能性もある。「集金」は中々難しいのである。

それだけに、この集金力のスゴイパフォーマーに出会った時は、とても感心した。長くなるので、レポートに書いた彼らについては、また明日。


ニューヨーク:大道芸スポット 週末や、ラッシュアワー時に多い
公園・路上:
タイムズ・スクエア
ユニオン・スクエア
ワシントン・スクエア(工事中)


地下鉄:
タイムズ・スクエア
ユニオン・スクエア
ペン・ステイション
グランド・セントラル
コロンバス・サークル




↓カテゴリ100位内目指してます。
人気ブログランキングへ
2009年03月02日

海外旅行ブログ村| 英語ブログ村
| 芝居・映画の事など| 大道芸人| 演劇論| | Comment(0) | TrackBack(0)
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
この記事へのトラックバック
コメントを書く
お名前: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]
※画像の中の文字を半角で入力してください。


 ※桜が承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。