パリ 夜散歩

category:パリ
tag:パリ観光

ルーブル美術館と月
ルーブル美術館と月

孤独を支える風景に出会ってから、「パリの散歩も楽しい」と思い始めて以来、ここ最近ずっと、夜、パリの街を散歩している。


昼間は、彼の劇団の手伝いをしたりしているのもあるが、お天気の心理作用で話したように天気が悪くて灰色の街なので、あまり楽しくない。

しかし、夜は違う。夜景を楽しむでもお話したように、パリの夜は金色である。昼間は陰鬱にされる風景も、夜になると美しい光と影の世界を作り出しているのである。



夜散歩と言っても、何せ言葉の不自由な場所。
「あ、今 "la gauche" って言った。」と最低限の道の聞き取り会話がやっとなので、あまり無茶は出来ない。ましてや、迷子になりやすいパリだから、一歩間違うとどこに行ってしまうかわからない。

そんなわけで、大抵は、観光地や高級ショッピング街などや、マレ地区やカルチェ・ラタン等、人の多い地域を歩いて回っている。


パリ市庁舎
パリ市庁舎

maison.jpg
マレ地区の館:街灯が作り出した木の影。

バスティーユと新オペラ座
バスティーユと新オペラ座:革命の地もいまや華やか

ショウウィンドウと清掃員
ショウウィンドウと清掃員:近所からはプライベートパーティらしい音楽が。その中で黙々働く男性。

オバマ・サルコジ
フランスでも自国より他国の大統領の方が人気らしい。

いつもカメラを持っていくのを忘れて、あまり写真は無いのだけれど、中心街は暖かい光に包まれてキラキラしているパリの街。昼間の散歩よりもお勧めである。


↓カテゴリ100位内目指してます。
人気ブログランキングへ
2009年03月13日

海外旅行ブログ村| 英語ブログ村
| パリ| パリ観光| | Comment(0) | TrackBack(4)
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバックURL (※桜が承認したトラックバックのみ表示されます。)
http://blog.seesaa.jp/tb/115585311


パリ 日曜日散歩
Excerpt: 以前紹介したポンピドゥーの大道芸人、フィリップさん。今週は日本人の男の子が餌食になっていた。赤いトレーナーを着た彼。大勢の観客を前に、テレながらも大胆にラブシーンを演じて、なかなか度胸が良い人だった。..
Weblog: 桜の英語四方山話(時々ニューヨーク) | 2009-03-16
パリ夜散歩 エッフェル塔周辺
Excerpt: 相変わらず、夜しか遊びに行く時間が無い。あともう少しで彼の劇団の仕事が終わって、来週は1日観光できるかな?なんて贅沢な希望を持っている。 さてさて、パリの街の夜散歩。パリ中心街の黄金の街を歩いている..
Weblog: 桜の英語四方山話(時々ニューヨーク) | 2009-03-18
パリの治安
Excerpt: パリに来てから1ヶ月ちょっと。地下鉄を乗りこなしたり、スーパーやパン屋で買い物をする程度は出来るようになり、大分パリ生活に慣れた感じがしてきた。 こういう「慣れ」が出てきた時が、実は一番危ないのだと..
Weblog: 桜の英語四方山話(時々ニューヨーク) | 2009-03-20
パリ:日曜日
Excerpt: 日曜日は、1日休む事にして、エッフェル塔(Tour Eiffel)からマドレーヌ(Madeleine)界隈まで散歩した。地図で見ると繁華街から結構離れて見えるエッフェル塔も散歩しようと思えば出来る距離..
Weblog: 桜の英語四方山話(時々ニューヨーク) | 2009-03-24
コメントを書く
お名前: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]
※画像の中の文字を半角で入力してください。


 ※桜が承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。