Heart と mind の違い

category:英語と日本語
tag:単語・熟語の使い分け

Paul Levy氏の記事のタイトル、"A head with a heart" から、head と face の違いを先日お話したけれど、head には、「頭」という意味の他に、"the mind or brain" という意味がある。

日本語では、「心」と訳せる、mind と heart、実は微妙に違う意味であり、それ故に、"A head with a heart" は意味は簡単だが、奥深いタイトルなのである。

今日は そんな、heart と mind の違いについて、お話しようと思う。
heart の意味をoxford 辞書で調べると、心臓という臓器の意味の他に、
the place in a person where the feelings and emotions are thought to be, especially those connected with love:
とある。感情を司る場所、とりわけ愛情に関連した部分という意味である。

一方、mind は、
the part of a person that makes them able to be aware of things, to think and to feel:
とあり、認識、思考、感覚などを司る場所。


つまり、heart の方が、mind より、情緒的で愛情度の高い「心」なのである。

heart
を使って表す表現は、情愛的な物が多い。例えば、心温まる話は、
a heart-warming story
逆に、心が裂かれるような話は、
a heartbreaking story
失恋、心が裂かれるような事は、heatbreak。

a heavy 'heartは、滅茶苦茶悲しいという意味。

「心から」という意味では、
I hope with all my heart that things work out for you.
His offer clearly came from his heart.

win someone's heart は、「心を勝ち取る」、つまり、意中の人の想いを得る事。

一方 mind は、mind controle, open minded、evil mind、 suspicious mind 等、heart よりも、「心」関連の熟語は多いくらい。ただ、「心」であっても、もうちょっと、理屈っぽい「心理」とか「思考」的な部分が強い「心」。

なにか決心した時は、
I made my mind.

心に留めておく事を、
Keep in mind that no one is perfect.

「気でも違ったの?」という意味で、
Are you out of your mind?
Did you lose your mind?



ちなみに、mind は、動詞で「気に障る」とか「気になる」という意味がある。

テストでよく出る、
Do (would) you mind ...? 
「○○してもいいですか?」という意味の表現。

Do you mind if I open the window?
Yes, I am cold. Please don't open the window.
No. I don't mind.


「あなたは気にしますか?」と聞いているので、
Yes と答えると、「気にするからダメ」No と答えれば 「気にしないから、OK」という意味になる。


この"Do you mind?" 表現の他によく使うのが、

"Mind your own business!"

人の事に首を突っ込んでばかりいる人に、
「人のことに口出しするな!」「大きなお世話!」と言う時に使う。

よく使うというより、「使いたい」と言う方が正確か…な。




↓カテゴリ100位内目指してます。
人気ブログランキングへ
2009年04月09日

海外旅行ブログ村| 英語ブログ村
| 英語と日本語| 単語・熟語の使い分け| | Comment(0) | TrackBack(0)
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
この記事へのトラックバック
コメントを書く
お名前: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]
※画像の中の文字を半角で入力してください。


 ※桜が承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。