勝って兜の緒を締めよ− 英語のことわざ

category:使える英語表現
tag:英語の諺

衆議院議員選挙が終わり、民主党が議席を大幅に伸ばし、自民党が大幅に減らした。「自民党壊滅的大敗」と仰る方も多いようだが、これだけの逆風の中でも各区で「競り合う」だけの力を持っている<自民党の「底力」を見たように思う。

新しく政権政党となる民主党には
勝って兜の緒を締めよ
という諺をお送りしようと思う。
英語でいうと
"Don't halloo till you are out of the wood."
困難が去るまで、興奮するなという意味。

halloo は 「雄叫び」「大声をだす」という意味。
万歳!」なんて叫んでいる場合ではないである。


もっとも、当の民主党は予想外に勝ちすぎてちょっと動揺している感じ。かつての自民党のように
勝てば官軍:The winner is always right.」と調子づいているわけには行かないよう。

新人議員が山のように当選したから、「朱に交われば赤くなる」と言っても、
数の上ではどちらが「朱」なのかはわからなくなってしまったし。

英語では
"Evil communications corrupt good manners."
がある。evil と言っている限り、「良い方」に染まる場合は使えない。

「朱に交われば...」は「環境次第で良くも悪くもなる」という意味だから、「悪い方」しか "Evil communications..." は表していない。

聖書には
"He that toucheth pitch shall be defiled therewith"
という文言がある。
toucheth は touches 。
pitch はコールタールなどを蒸留した後に残る真っ黒い残りかす。
こちらも悪い方にしか染まらない例。

染まり方次第では良くもなるという部分が無いのは、「善」は確固たるものという宗教概念のせいだろうか。


話を元に戻して、衆院選挙。
大多数の人が自民党政権にNOを突きつけた選挙であるけれど、
民主党にYES と言った選挙ではない。

議席数なんかに惑わされず、その辺をしっかり意識して貰いたい。
選挙が終わったといっても、日本はまだ暗い森の中 なのである。




↓カテゴリ100位内目指してます。
人気ブログランキングへ
2009年08月31日

海外旅行ブログ村| 英語ブログ村
| 使える英語表現| 英語の諺| | Comment(0) | TrackBack(0)
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
この記事へのトラックバック
コメントを書く
お名前: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]
※画像の中の文字を半角で入力してください。


 ※桜が承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。