WILL と BE GOING TO の違い- 未来の表現

category:英語日記と役立つ英文法
tag:助動詞 英語の時制 単語・熟語の使い分け

WILL と BE GOING TO の違いって迷う事多いと思う。多くの場合、WILL・BE GOING TO どちらでも良い事が多いからそれ程気にする事はないのだけれど、できたら知っておきたい違いでもある。

WILLとBE GOING TO の違いの説明をしようとすると、「近い未来」か「遠い未来か」だとか「意思」か「計画」かと言った形で説明される事が多い。

確かに、WILLの基本は意思や推量の意味が強く、BE GOING TO の場合、計画など決まっていることに使うと言っても、「意思」と「計画」の違いってどこ?なんて気持ちにもなる。

でもそれより、根本的な「語感」の部分に着目すると見えてくるような気がする。
両者の違いを使い分ける時に、大切にしたいのが、BE GOING TO の GO の持つ語感。

GO は「〜に向かう」という意味。BE GOING TO DO は、直訳してしまえば「〜する方向に向かっている」という事。それが転じて「〜するつもりである」とか「〜するだろう」という意味になる。

I am going to see him tomorrow.
「明日彼に会う」
It's going to rain tomorrow.
「明日は雨になる」


BE GOING TO の場合「行き先」が見えるような印象を与えるけれど、WILL にはそうした印象がない。WILL は単純に推測を表している場合が殆んど。

I'll see him tomorrow.
の場合、「同じ職場で働いているし必然的に会うんじゃないかな」というような感じで、
I am going to see him tomorrow.
のような「そういう予定がある。」という響きはない。

仕事などの場合、ある意味全部「予定」になるわけだけれど、どれだけ、GO「向かう」を意識するかによって、WILL か、BE GOING TO かの使い分けができるようになる。

Where will you be tomorrow?
「明日はどこにいるの?」

フリーランスの仕事をしていた時、よく使った質問。相手のスケジュールを聞くのだけれど、仕事だろうと何だろうと「自然といる事になる場所」を聞いているわけ。

Where are you going to be tomorrow?
の方が頻度は低いが、別に間違いじゃない。WILL のような「自然といる事になる場所」というよりも、「どこにいる予定か」というニュアンスが強くなる。


It'll rain tomorrow.
の場合、「明日は雨だろう」という推測で、
It's going to rain tomorrow.
「明日は雨になる」だともうちょっと「雨に向かっている」、天気予報や空模様などの根拠があるように感じる。


とは言え、じゃ、天気予報見たら常に、
It's going to rain tomorrow.
と言わなきゃいけなくて、
It'll rain tomorrow.
では単なる個人的予測なのか というとそういうわけではない。

様は気持ちの問題であって、
It's going to rain tomorrow.
だと、「雨に向かっていっている」→「雨になる」
It'll rain tomorrow.
「雨だろう」「雨らしい」
という感じ。日本語でも「どれだけの差があるの?」というような違いなのだ。


WILL と BE GOING TO の違いが分かってくると「ちょっと変」という印象を与えたり、場合によっては「やるきある?」なんて変な誤解を与える事もなくなると思うので、是非参考にして頂きたい。




↓カテゴリ100位内目指してます。
人気ブログランキングへ
2009年09月14日

海外旅行ブログ村| 英語ブログ村
| 英語日記と役立つ英文法| 助動詞| 英語の時制| 単語・熟語の使い分け| | Comment(0) | TrackBack(3)
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
この記事へのトラックバック
BE GOING TO の表すところ
Excerpt: 昨日 WILL と BE GOING TO の違いを話したけれど、この2つの違いは、大差がない場合が多いから「変」な事になることはあまりない。 感覚的な違いを身につけるには、BE GOING TO ..
Weblog: 桜の英語四方山話(時々旅行・芝居・映画) | 2009-09-15
WILL の2つの顔
Excerpt: WILL は意思を表す。それは間違いではないのだけれど、話の流れの中では、BE GOING TO の方が「やる気」を表したりする。ここが、WILL と BE GOING TO の違いのややこしいところ..
Weblog: 桜の英語四方山話(時々旅行・芝居・映画) | 2009-09-17
Will You Marry Me
Excerpt: ここ数日 WILL と BE GOING TO の違いの話をしてきたけれど、その違いを知るのに良い例がある。 Will you marry me? はご存知の通りプロポーズの言葉。この場合、WILL..
Weblog: 桜の英語四方山話(時々旅行・芝居・映画) | 2009-09-17
コメントを書く
お名前: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]
※画像の中の文字を半角で入力してください。


 ※桜が承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。