英文の視点

category:英語日記と役立つ英文法
tag:英語の主語

Mixiで英語日記の添削をし合っているのだけれど、この夏、ふとした事がきっかけで、飛躍的に読みやすくて面白い日記を書くようになった方がいたので、その例をご紹介しようと思う。

飛躍的に英語を書く力が伸びた原因は、「視点のブレ」に気付いたから。

ご本人の承諾も得られたので、ちょっと例を出してお話しようと思う。


Eさんの日記から抜粋
--ここから--
==Seoul Trip==

<日本語>
ほとんどの観光地では、英語もしくは日本語が通じた。道を聞く場合には、地図を見せてボディランゲージ。地下鉄のシステムも分かりやすい。それに、自動切符売り場には必ず手伝いの人がいるのだ

<Egnlish>
I found out that people at most tourist spots speak either English or Japanese.
When I needed to ask someone a direction on the street,
I showed a map and communicated through body language.
Also, their subway system was quite easy to follow,
and there was always someone who could assist you
at a vending ticket machine area.


--ここまで--

実際の日記はもうちょっと続くのだが、彼女の日記の日本語を読んでもらえば分かるように、「主語が殆んど無い

英語では主語の無い文は成立しないので、英作文は、まずここで色々格闘する事になる。

この格闘は、「主語が誰か」という問題と同時に、「主語を誰にするか」という問題も実は含んでいる。ここを上手くやらないと、視点がブレて読みにくくなるのだ

一般的な話をする時、you や we 等用いる事は多いけれど、この文章の中で出てきた "you" は、「I」の話をしている中で突然出てきてちょっと変。


そこで、こんな書き換えをしてみた。

I found out that people at most tourist spots in Seoul speak either English or Japanese,
so I didn't have any trouble there.
Besides, their subway system was quite easy to understand,
and I could always find someone to assist me
at the vendin ticket machine area.
However, in the street things didn't work as smoothly.
I needed to show a map and communicated through body language
because most of them spoke only Korean.



少しい言いかえをしてあるけれど、話は「私のソウル滞在記」に徹し、you はどこにも出てこない。

手伝いの人がいるのだ」という表現は、
there was always someone who could assist you
から
I could always find someone to assist me
という表現に変えた。

たったこれだけの事なのだけれど、突然 you が飛び出す不自然さが無くなって、「私の旅行記」になってしまうのだ。


今回の例では文も短いし、you も一度しか出てきていないから「変」な感じなだけだけれど、これが少し長くなってくるとこの「ブレ」がとても文を読みにくくさせてしまう。


「視点のブレ」と言われても、そんなに大きいことかなぁ?と感じる方は、明日、目からウロコな例をご覧に入れます。題して「I を You にする」

乞うご期待!



↓カテゴリ100位内目指してます。
人気ブログランキングへ
2009年09月29日

海外旅行ブログ村| 英語ブログ村
| 英語日記と役立つ英文法| 英語の主語| | Comment(0) | TrackBack(3)
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバックURL (※桜が承認したトラックバックのみ表示されます。)
http://blog.seesaa.jp/tb/129082249


I と You の違い- 主語の大切さ
Excerpt: 昨日ちらりと、視点のブレのお話をしたけれど、今回はその続き。まずは、昨日の例文から。 I found out that people at most tourist spots in Seoul s..
Weblog: 桜の英語四方山話(時々旅行・芝居・映画) | 2009-09-29
描写 と 語りかけ
Excerpt: さてさて、昨日は、I と You の主語の違いが、大きく英文のイメージを変えるというお話をしたけれど、今日は、I も You も使わない場合は、どうなるか というお話。 案外、こうした英文を書く日本..
Weblog: 桜の英語四方山話(時々旅行・芝居・映画) | 2009-09-30
視点のブレ(時間編)
Excerpt: 先週「英文の視点」という題目で、主語の無い日本語に慣れた私達は、とかく「視点がブレ易い」というお話をした。 英語では、I を主語にするか YOU を主語にするかで大きく文の印象が変わり、I でもYO..
Weblog: 桜の英語四方山話(時々旅行・芝居・映画) | 2009-10-05
コメントを書く
お名前: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]
※画像の中の文字を半角で入力してください。


 ※桜が承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。