描写 と 語りかけ

category:英語と日本語
tag:英語の主語

さてさて、昨日は、I と You の主語の違いが、大きく英文のイメージを変えるというお話をしたけれど、今日は、I も You も使わない場合は、どうなるか というお話。

案外、こうした英文を書く日本人は多いから、結構参考になると思う。

なぜ、多くなるかと言えば、日本語では主語をあまり明確にしない表現が多く、文の主語を見つければ、それで安心してしまうからだと思う。

でも、文章の主体を意識すると、英文のイメージはもちろん「力強さ」も変わってくるから注意を向ける価値は大きい。

I も、you も使わない ソウルの街描写

People at most tourist spots in Seoul speak either English or Japanese.
Besides, their subway system is quite easy to understand, and there is always someone to assist tourists at the vendin ticket machine area.
However, in the street things won't work as smoothly.
Most people speak only Korean, so body language are required.


ある意味、これも Youを主体にした文同様、ガイドブック調的に取れる。でも、You を実際に使った文と比べて、何となく味気ない。

You を使った文

People at most tourist spots in Seoul speak either English or Japanese,
so you won't have any trouble there.
Besides, their subway system is quite easy to understand,
and you can always find someone to assist you at the vendin ticket machine area.
However, in the street things won't work as smoothly. You need to show a map and communicate through body language because most of them speak only Korean.



Youを使うと、書き手からの「語りかけ」が発生する。その分、文章と読者の距離感が縮まっている。

実際、街のガイドブックやレストランガイドでも、You を使った表現は多く見かける。「親しみやすさ」の演出とも言える。


I が主体の旅行記
I found out that people at most tourist spots in Seoul speak either English or Japanese,
so I didn't have any trouble there.
Besides, their subway system was quite easy to understand,
and I could always find someone to assist me
at the vendin ticket machine area.
However, in the street things didn't work as smoothly.
I needed to show a map and communicated through body language
because most of them spoke only Korean.


Iがあると、「私の体験記」という色がとっても強くなる。一方 I を使わない文章には、プライベートな感じが無い分、客観的な印象を受ける。


ご覧のように、主語が、I か、You か、それとも客観的にするかによって、英文の印象は大きく変わってくる。

この、文章の「主体」の違いを身につけるには、今回の例のように、主体の書き換え練習を行うと、自分のものになってくる。

「今日は日記のネタがないなぁ」なんて場合は、過去の日記の「私の体験記」を「ガイドブック調」にしたり「街描写・人物描写」などにしてみると、自分自身で「違い」を実感できるようになる。

件のEさんは、そんな風に練習して、飛躍的に英語力を伸ばしていた。もちろん毎日のように書いている彼女の実行力の賜物ではあるけれど。

↓カテゴリ100位内目指してます。
人気ブログランキングへ
2009年10月01日

海外旅行ブログ村| 英語ブログ村
| 英語と日本語| 英語の主語| | Comment(0) | TrackBack(0)
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
この記事へのトラックバック
コメントを書く
お名前: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]
※画像の中の文字を半角で入力してください。


 ※桜が承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。