SEE, LOOK, WATCH の違い

category:英語日記と役立つ英文法
tag:英単語・熟語の使い分け 英語の動詞

昨日、MEET と SEE の違いの話をしたので、今日はついでに「見る」SEE, LOOK, WATCH の違いについて話そうと思う。

よく言われているように、
see は 意識するしないに関わらず「見える」という感じ。
look at は、意識して「見る」
watch は 注意して「見る」、とりわけ動くものを目で追う感じ。

とこんな感じなのだが、実際使おうとすると、あれ?どれだ?という事が多いと思う。

例えば、テレビを見るなら watch TV だけれど、映画は see? watch? なんて悩んでしまったり。このあたり、この3つの「見る」の違いをきちんと理解すると見えてくる。

SEEの場合、自分から行動を起こして「見る」というよりも、向こうから働きかけて「見える」という感じ。

一方、LOOK や、WATCH は、自分から働きかけて「見る」感じになる。

WATCHと、LOOK AT の違いは、
LOOK AT の場合、「意識的に目を向けて、見る」という行為だけを指し、
WATCH の場合、さらに「それをある一定の時間眺める」という行為を表す。

そんな違いから、動くものを見るか、止まっているものを見るかで、使い分けが生じる。静止画なら、LOOK AT だし、動画なら WATCH になる。

こうした意味の違いがあるので、
Look at this picture. What do you see?
Let's watch this servarance video and see what happend that night.

のように、組み合わせて使う事も可能なのだ。


「働きかける」方向の違いは、時制でも現れる。

SEEは「見る」という意味では進行形にならない。これも「見る」ACTION(行為)という感覚より、「見える」状態に近いから。

一方、LOOK AT や、WATCH の場合は、ACTIONなので進行形になる。


さてさて、本題に戻って、映画を映画館で観るような場合の「見る」について。

この場合は、SEE が使われる。映画館の大きなスクリーンの場合、一点を「見る」ような WATCH よりも、その視界の広さから「見える」感じのSEE の方が感覚に沿うのである。

同様に、劇場で芝居を見たり、スタジアムでゲームを見たりするときも SEE

一方、テレビのような場合(多少大きい場合でも)、焦点を絞って長時間見るので、WATCH となる。




↓カテゴリ100位内目指してます。
人気ブログランキングへ
2009年10月15日

海外旅行ブログ村| 英語ブログ村
| 英語日記と役立つ英文法| 英単語・熟語の使い分け| 英語の動詞| | Comment(0) | TrackBack(0)
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
この記事へのトラックバック
コメントを書く
お名前: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]
※画像の中の文字を半角で入力してください。


 ※桜が承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。