エコオトメとトイレ・マナーの比較文化

category:日本再発見
tag:比較文化

昨日お昼テレビを見たら携帯できるトイレ用擬音発生装置 エコオトメなるものを紹介していた。そう、日本では公共の場でトイレに入る時には、音を流すのだ。

この習慣、アメリカにはない。フランスでも気づかなかったから、あるとは思えぬ。日本独特の習慣ではないかと思う。

そういうわけで、私はついつい忘れてしまいがちで、人が流す音姫や水の音で「あっ」と気付く私。

そもそも、この習慣がいつ頃始まったのかは知らないけれど、小学5、6年生だか中学という多感な頃、クラスメートから「水流しなよ。」と指摘されてから、自分も始めた。

それまで、人の音など気にした事無かったが、指摘によって「人は私の音を聞いている」と気付き、流すようになったのである。


ニューヨークで生活するようになって、皆そんな「他人の音」など気にしないから水など流さなくなった。

初めのうちは、あちこちから聞こえる音に戸惑い、自分も消さない事に戸惑っていたけれど、そのうち慣れてしまった。


慣れてしまうと、今度はこの「音消し」のマナーがとても不思議に思う。日本に旅行に行った友人が、「トイレにある、あの機械は何物?」と言っていたけれど、その気持ちもわかるのだ。

だって、人の音、わざわざ聞いているの


もちろん、聞いていなくても、一度この習慣に慣れてしまうと、聞こえてくる音が「気になる」のも確か。私自身、異文化に慣れていない頃はそんな風に感じたから。

本当だったら「そんな事いちいち気にしてないで、おおらかに。」とも言いたいところだけれど、ここまで普及した「マナー」になってしまうと、それも難しいように思う。

まして、これって「人の目を気にする」日本人的性格形成に根付いているように思うし。

実際人の音なんて聞いていなくても、「人は聞いているかもしれない」となると気になってしまう。そんなことから、トイレの「音姫」や携帯版のエコオトメなるビジネスも成り立つのだろうと思う。

↓カテゴリ100位内目指してます。
人気ブログランキングへ
2009年10月31日

海外旅行ブログ村| 英語ブログ村
| 日本再発見| 比較文化| | Comment(2) | TrackBack(1)
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
Posted by お喋り笛吹き 11月02日
比較文化っていうカテゴリが、エラい大袈裟やね。


トイレには文化&社会事情が出るのだよね。アメリカのあの隙間だらけのドアトイレは落ち着かなかった。


この前チュニジアでは、紙がなかった。代わりなのか、蛇口とホースがあった。トルコでは水を流す所がなくて、変わりに蛇口とバケツが置いてあった。。。。

などなど。

今度またトイレについて書こう。
Posted by さくら 11月03日
>比較文化っていうカテゴリが、エラい大袈裟やね。

アカデミックでしょ ;>


>アメリカのあの隙間だらけのドアトイレ

うん。覗こうとしなくても覗ける感じだものね。確かに落ち着かない。でも、あれに慣れると日本の密室が怖い。


タイの地方に言った時は、紙がなくて、バケツがあった。

紙がある場所でも、流さないでゴミ箱に捨てるよう書いてあったような気がする。。。
コメントを書く
この記事へのトラックバック
外国人が驚く日本のフツウ
Excerpt: 最近、彼氏が日本に旅行に来ており、一緒にウロウロしていたのだが、改めて「日本のフツウ」が普通でない事に気がつく日々であった。 到着したその日、空港近くのホテルの部屋に入り、お手洗いに入るや否や、彼は..
Weblog: 桜の英語四方山話(時々旅行・芝居・映画) | 2009-11-16
コメントを書く
お名前: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]
※画像の中の文字を半角で入力してください。


 ※桜が承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。