フランス人は英語を話さない

category:パリ
tag:

昨日の記事「英語話せますか?」で英語が話せるのに「話さない」フランス人をモデルにしたコントの動画を紹介したけれど、この「フランス人は英語は話せるのに話さない」というのは、案外ウソではないかと思う今日この頃。

というのも、パリに行った時殆ど英語しか使わずに過ごした私、とりたて困ることも無かったし、皆結構英語を話してくれたのである。

もちろん、英語が通じない事もあったが、「話せるのに話さない」ではなく、本当に「話せない」というパターンではないかと思うのである。


実際、私の彼氏に言わせると、英語の話せるフランス人は限られているらしい。それ故に彼氏も学科でトップの成績ではなかったが「英語を話せる」という条件化の下で交換留学の権利を得たとの事。

母国語のブルガリア語に加えて、フランス語と英語は日常生活に不自由しないレベルかつロシア語とドイツ語も少々という、関心する前に腹が立つような奴から言わせると「フランス人は語学が出来ない」のだそうだ。


言葉に対するプライドが高すぎるために、あまり語学学習に熱心ではないという話だが、「話せない」と言われるより「話さない」と思われた方が、彼らのプライドに合致するというところか。


そういえば、ポンピドゥーの前でボケーッとしていたら、十代ぐらいの男の子に、「モネ、モネ」と言われ、
「フランス語話せない」と言ったら、
"English. モネ、モネ."
と言われ続けた。

ルーブル美術館やオルセー美術館の前なら、Monet(モネ)もわかるけれど、何で現代美術館の前でモネ?とわけわからず、
「何言っているかわからん」
と言ったら、横から別の人が、
"He is asking you some money."
と...。

money は、フランス語読みすると 「モネ」らしい。
要するにお金をせびられていたのである。


ちなみに、日本語だとお金をマネーと言うが、英語は『マニ』の方が通じやすい。念のため。

↓カテゴリ100位内目指してます。
人気ブログランキングへ
2009年11月04日

海外旅行ブログ村| 英語ブログ村
| パリ| | Comment(0) | TrackBack(0)
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバックURL (※桜が承認したトラックバックのみ表示されます。)
http://blog.seesaa.jp/tb/131933186


コメントを書く
お名前: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]
※画像の中の文字を半角で入力してください。


 ※桜が承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。