京都旅行二泊三日 3日目

category:日本再発見
tag:京都

私達が泊まった場所はホテルマイステイズ京都四条。中々綺麗なホテルで四条烏丸駅からはちょっと歩いたが、直ぐ側のバス停から京都観光に便利な路線が沢山出ていたので便利であった。

2日目3日目は京都観光二日乗車券で移動した。こちらは1日券もあるが、初日は3時に着いたので、祇園界隈を散策することに留め、交通費をかけずに過ごしたのである。

で3日目の行動は、午前中に清水寺に行ってから北上して、南禅寺→哲学の道→銀閣寺というルートを考えていたのだが、風邪気味だった私がついにダウン。結局午後に清水寺に行ったのみで終わってしまった。

彼は午前中に私が昨日見てしまった二条城を観にいった。ホテルは11時チェックアウトとゆっくりだったので、ギリギリまで眠って飛んでいかない頭痛と闘う。


ホテルを出て、まず錦市場に向かった。市場は土地柄が出る場所であり、外国人にとっては日本を垣間見る事ができる場所である。

案の定、頭痛に苦しむ私を無視して、
"What's that?"
と、私の雑な通訳にもめげずに何度も何度も質問し続けていた。


ここで、お腹も空いてきたというわけで、冨美家で昼食をとる。安いお値段ながら美味しかった。特に七味が独特。

12時を回ったあたりから、ランチタイムのせいかどんどん混み出したので、この辺りは外した方が良いかも。


鍋うどんですっかり温まった私達は、食後もまた錦市場をウロウロ。豆招福では、色々試食。おばちゃんの勢いに乗って、母に黒豆のお土産を。と言いつつ、自分も食べているが。


錦町をブラブラして、それから清水寺へ。

清水寺は中学生の時修学旅行で行った以来。どうもめっきり観光地化している風情にどうしても馴染めず、ずっと行かずにいたのだけれど、今回久々にせっかくの機会と行ってみた。

しかし、清水坂に並ぶお土産屋の数々に、彼氏は全店制覇する気?と言いたくなるくらい、逐一覗いていく。京都も最終日、パリの友人達に送る手ごろなお土産を探して歩くので、一向にお寺に着かない。

ようやくお寺についてみたものの、行ってみてやっぱり、南禅寺や銀閣寺の風情の方が「京都らしさ」があって良かったかもと、修学旅行生をはじめとした様々な団体客に圧されつつ思うのであった。

清水の舞台:清水寺


音羽の滝:清水寺

清水寺


それでも清水の舞台から眺める、紅葉がチラホラ始まった境内や京都市内はやはり来た甲斐があったというもの。もちろん音羽の滝でお水も頂いて。

清水寺


また、子安の塔からは本堂が一望できるという事も新たに知った。塔は工事中だったので人があまりおらず、静かな中でお寺とは思えぬ騒々しさの対岸の本堂をしばし眺める。


新幹線は夜8時半頃。京都駅で夕食のお弁当やお土産を購入する時間を見てこの時間にしたのだけれど、拝観時間が大体5時ぐらいに終わることを考えると、7時台でも充分だったかなと、ちと思い。

まぁ、色々あった京都旅行だったが、久々の国内旅行は楽しかった。次回はグルメ旅行も含むぞ!




↓カテゴリ100位内目指してます。
人気ブログランキングへ
2009年11月21日

海外旅行ブログ村| 英語ブログ村
| 日本再発見| 京都| | Comment(0) | TrackBack(0)
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
この記事へのトラックバック
コメントを書く
お名前: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]
※画像の中の文字を半角で入力してください。


 ※桜が承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。