入管での受け答え

category:旅行英会話
tag:旅英語:空港

月初頭、母が妹のお喋り笛吹きが住むベルギーに旅行に行ってきた。

つもなら、
What is the purpose of your trip?
「旅行の目的は?」
- Sightseeing.
「観光です」
と簡単に済んでしまっていたのに、今回はやたらと色々聞かれたらしい。聞かれてもわからなかったから、笑顔とカタコトの英語で適当に答えたそうだ。

でだろうとちょっと考えてみて、「あっ」と思いついたことがあるので、今日はそのお話。

ーロッパやアメリカだと、一定期間内観光目的で入国する場合ビザ無しで入国するのが通常のパターン。

なので、入管ではパスポートを出して、
What is the purpose of your trip?
という質問に
- Sightseeing.  イトーイング
と答えれば事足りる。

々、
How long are you going to stay?
「滞在期間は?」
Where are you going to stay?
「宿泊先はどこですか?」
なんて質問が来る事もある。

そういう時は、
Three days. とか、a week.
と、旅行日程を答えれば良いし、
○○ Hotel.
と宿泊先を答えれば良い。

とくに文章にする必要はないので、簡単。


だ、宿泊先が友達や家族の所となると、ちょっと色々聞かれるパターンがある。

「観光」と答えておきながら、ホテルに宿泊しないからなのか、良くわからんが、同じような質問を繰り返し聞いてきたり、人の顔をジロジロ見ながら、パスポートをパラパラと人の旅行歴を見たりする。

ここで、「気分悪いなぁ」という態度に出ると、別室送りの憂き目に会いかねないので、作り笑いは絶やさぬ事。


らに良いのは、個人宅に泊まる場合は、Sightseeing ではなくて、
Visiting my friends (my family).
なんて感じで言うと良い。
And, sightseeing, of course.
なんてつけ足しても。


もって、帰りのチケットも直ぐに出せる状態にしておく
ビザ無し観光の場合、帰りのチケットを既に購入しているのが条件だからである。

なので、管理官が「コイツ大丈夫か?」と思ったり暇だったりすると、
Can I see your return ticket?
「帰りのチケットを見せて下さい」
と聞かれる場合もあるのだ。

e-チケットだと当然チケットそのものはないけれど、購入時の「控え」でも当然大丈夫。

This is my return ticket confirmation.
と言って出せば良いし、文章が上手く言えなければ、
Here.
とだけ言って出しても大丈夫。


期の旅行の場合、大抵問題なく入国できるのが、日本人のラッキーなところ。英語で答えなければならないと、あまり硬くならなくても平気。

とはいえ、適度に緊張感を持って接しておいた方が、下手な警戒心を持たれなくて良いかもしれない、という事も入管ではおきたりする。

↓カテゴリ100位内目指してます。
人気ブログランキングへ
2009年12月21日

海外旅行ブログ村| 英語ブログ村
| 旅行英会話| 旅英語:空港| | Comment(0) | TrackBack(0)
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバックURL (※桜が承認したトラックバックのみ表示されます。)
http://blog.seesaa.jp/tb/136207059


コメントを書く
お名前: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]
※画像の中の文字を半角で入力してください。


 ※桜が承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。