A Happy New Year は間違い

category:英語と日本語
tag:変な英語 英語の名詞

語で年賀状の記事を書いたとき書き忘れたけれど、"A Happy New Year" と挨拶するのは間違い。

A good morning. とか、A happy birthday と言わないのと同じ理屈だけれど、A Happy New Year と使っていると、「なんで?A があるのとないので、何が違うの?」と思ってしまうから不思議である。

だいたい、"We wish you a Merry Christmas, We wish you a Merry Christmas, We wish you a Merry Christmas, And a Happy New Year."
という歌があるから、 "A Happy New Year" と挨拶するのが間違いとは気付かないで使ってしまうのだと思うけれど、よーく歌詞を見てみると、Merry Christmas にも、a が付いている。

何故か という今日はお話。

"We wish you a Merry Christmas"
に a が付いているのは、wish という動詞があって、「あるメリークリスマスをあなたに望みます」と言っているから。

Have a nice day. とか、Have a good dream. と、動詞 have を使った挨拶の時にも、a があるように、wish の時も、a があるわけ。


だから、"I wish you a happy new year."
と言うのは間違いではないし、
"Have a happy new year."
というのも間違いではない。


持ったり、願ったりする時は、ちゃんと a で year や day を括って枠を決める。挨拶する時は、枠で括った塊を投げずに、ぽわわーんとさせておく、という感じだろうか。却って混乱させるような我流感覚であるけれど、そんな風に私は理解している。


ついでに、もっと私的感覚で言うと、Have a good day. と違って、"Have a happy new year." 「良い一年を持ってね」 なんてちょっと持ちきれるかどうか。。。という気がしてしまうが、この "a happy new year." の指す一年は、「良いお年を」という時の「年」と一緒で、丸一年と言うよりは、年の初めぐらいの気持ちな気がする。


さらに余談であるけれど、その昔ビバリーヒルズ青春白書で、ブランドンと当時付き合っていた彼女がケンカして、彼女の方が怒りながら、"Have a nice day." と言って去ろうとしたら、ブランドンが "Have a nice life." 返した事があった。

中々辛らつな捨て台詞であるが、どっかで使ってみたい。


まぁ、なんにしても、既に"A Happy New Year" と年賀状を刷ってしまった方は、来年以降気をつけるということになってしまうけれど、年が明ける前に、一つ学習できたとポジティブに受け取っていただければ。

↓カテゴリ100位内目指してます。
人気ブログランキングへ
2009年12月29日

海外旅行ブログ村| 英語ブログ村
| 英語と日本語| 変な英語| 英語の名詞| | Comment(0) | TrackBack(0)
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバックURL (※桜が承認したトラックバックのみ表示されます。)
http://blog.seesaa.jp/tb/136889290


コメントを書く
お名前: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]
※画像の中の文字を半角で入力してください。


 ※桜が承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。