外貨両替日本で気をつけること

category:旅の情報・心得
tag:外貨両替

外貨を日本で取り替える場合、小銭の両替はできない。外国の小銭は取り扱っていないからだ。

なので、小銭は現地にいってお釣りや何かで仕入れなければならない。

ちょっと小銭に両替するつもりで100ドル札を出してコーヒーを飲もうとしたら、
We don't accept bills larger than 20.
と言われて買えなかった。。。なんて事が起りうる。

そう、銀行で普通に両替すると、平気で現地で流通していないお金を渡してくるのである。

日本では一万円札が使えないお店なんてまずない。釣銭が少ないので、ご協力下さいなんて事はあっても「一万円札は利用できません」なんて事はまずない。


が、アメリカでは、100ドル札が利用できないなんて日常茶飯事。50ドル札だって「ダメ」で。
We don't accept bills larger than 20.
「20ドル札より大きいお札は利用できません。」
なんて言っているお店はざらにある。


ユーロも、100ユーロはあまり流通していない。50ユーロはそこそこ流通しているが、やはり主流は10ユーロ、20ユーロ札のようである。


なので、日本の銀行で両替する時は
100ドル札はいらない。50ドルと20ドル札で。」
と頼む必要がある。

銀行によっては、「100ドル札しかないので、少しお時間戴きます。」なんてこともある。それで間に合うのなら、少し待って細かいほうを持っていた方が、現地でスムーズに使える。


現地について一番最初にしなきゃいけないのが、取り替えたはずのお金をまた両替するという行為ではちょっと悲しいでしょう?

なので、小さめのお金を要求する、これ必要。

↓カテゴリ100位内目指してます。
人気ブログランキングへ
2010年01月21日

海外旅行ブログ村| 英語ブログ村
| 旅の情報・心得| 外貨両替| | Comment(0) | TrackBack(0)
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
この記事へのトラックバック
コメントを書く
お名前: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]
※画像の中の文字を半角で入力してください。


 ※桜が承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。