We Have English Speaker

category:英語と日本語
tag:変な英語

横須賀の繁華街を歩いていた時のこと。近くに米軍基地があるのでアメリカ人相手の英語がチラホラと見られる。そんな中に携帯ショップの看板が。

We have English speaker.

う…。なんか妙な感じ。an English speaker でも、English speakers でもないという間違いは別としても、なんか変。

確かに英語の have は色んなものを持つ。
I have a brother and a sister.
と言えるように、 別に have を使うことは間違いではない。

でもなんか落ち着かない。今日はそんなお話。

「英語の話せるスタッフがおります。」と言う時よく使うのは、
English-speaking staff is/are available.

看板や新聞の見出しでは be動詞を省くことが多いから、
English-speaking staff available
でも良い。

English-speaking staff を English speakers にするパターンもOK。
English Speakers Available
頭文字を全部大文字にすると看板にピッタリ来る感じ。


で、問題の、We have という表現。
We have English-speaking staff.
ならよく見るし、妙な感じはしない。
「英語を話せるスタッフおります。」という感じ。

ただ、 We have English speakers.だけだと漠然とした感じがして「だから?」って反応したくなる。

例えば、
We have English speakers on staff
と入れてもらえると、「英語を話せるスタッフおります。」という感じに落ち着くのだが。


English Speakers Available
もそういう意味では
English-speaking staff available.
より漠然としているわけだけれど、available という言葉がある分、「お客さんに対して」という方向性が見え、落ち着くような。

うーん、上手く説明できない、このモヤモヤ感。単に頻度の問題で違和感を覚える覚えないの問題か…。


ちょっと視点を変えて、
English-speaking staff available
を翻訳機にかけてみる。

すると出てきたのが、
英語を話すスタッフは利用可能です。

こんな看板をどこかで見たら、どの程度日本語が話せるか、だいたい想像はつく。一応意味が理解できる日本語だが、妙な印象を残す話し方をするスタッフがいるのだろう。


そういう意味では、
We have English speaker.
日本人の苦手な冠詞が見事に抜けて、スタッフの英語力を予測させる役割も果たしていると言える。

↓カテゴリ100位内目指してます。
人気ブログランキングへ
2010年01月25日

海外旅行ブログ村| 英語ブログ村
| 英語と日本語| 変な英語| | Comment(0) | TrackBack(0)
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
この記事へのトラックバック
コメントを書く
お名前: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]
※画像の中の文字を半角で入力してください。


 ※桜が承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。