タクシーでの英会話

category:旅行英会話
tag:旅英語:交通手段

さてさて、先週は旅英語:両替編外貨両替のお話をお送りました。

今週はタクシーに乗る時の英会話。バスや電車と違って会話せなあかん!という状態になるけれど、まぁ、会話と言っても決まり文句なので、そんなに難しいことではない。

ということで、まずは
タクシー乗り場はどこですか?
から。案内が一応出ていても、空港の外に出た瞬間、「で、どこ?」ということはよく有りがち。

Where is the taxi stand?
(ホ)ウェ ザ クシー スンド?
タクシー乗り場は、taxi stand という。

バス乗り場は bus stop なのに、何で?と思ってしまうが、バス停とは言ってもタクシー停とは言わない理屈を考えると納得。バスは停車して乗客が乗り降りするけれど、タクシーはスタンバイ状態だから、stand なのだろう、多分


で、タクシーに乗ったら、
Where to?
と聞かれるので、
To ○× Hotel, please.
と to ホテル名・行き先 を言って、便利なplease を使えばOK。

空港にいく場合なら、
To the airport, please.
トゥ ザ ァポー プーズ


ただ、困ったことに相手に発音が通じない可能性もある。

発音が完璧でも、ホテルがチェーンで「どこの?」なんて事もあるし、「知らん」という可能性もある。

なので、一番手っ取り早いのが、ホテル名(行き先名)とアドレスを書いたメモ。それを見せながら、
To this address, please.
トゥ ディ  プーズ
と言う。


日本と違って、欧米では「あて名」「住所」の順番に書くのが一般なので、
ホテル名(行き先)
アドレス

の順で書いてあると、タクシーの運転手が迷わなくてすむ。


もしくは地図を見せるという手があるが、日本語の観光ガイドなどの地図では「得たいの知れない文字」の情報が勝ってしまって、
「読めない、わからない」と言われることが多い。

なので、google mapなんぞから地図をプリントアウトした方が無難。

地図を見せながらだと、
To here, please
トゥ ヒァ プーズ
とセンテンスがもっと短い。


お会計をする時は、チップを忘れずに。

「おつりはとっておいて」は、
Keep the change.
ープ  チェンジ


レシートが欲しい時には、
Can I have a receipt?
キャ ヴ  リート?


これで完成である。

↓カテゴリ100位内目指してます。
人気ブログランキングへ
2010年01月26日

海外旅行ブログ村| 英語ブログ村
| 旅行英会話| 旅英語:交通手段| | Comment(0) | TrackBack(0)
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
この記事へのトラックバック
コメントを書く
お名前: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]
※画像の中の文字を半角で入力してください。


 ※桜が承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。