ニューヨークのタクシー

category:旅の情報・心得
tag:

最近、CSI:NYにはまっている。というか、ずっと前からなのだが、昨年末から、TUTAYA が海外ドラマのシーズン1を100円なんてやってから、また全巻見直して、そのまま戦略に乗ってシーズン2、今度は準新作半額で、シーズン3にまで見直している。

そんな風にCSIを見ていたら母が一言。
ホント、ニューヨークってタクシーがいっぱいね。

言われてみれば、こんなに大量のタクシーが走っている街、他にないかも。

そんなわけで、今日は、ニューヨークのタクシーについて。

タクシーを使う機会といえば、まず、空港についてホテルに向かう時だと思う。JFK 空港のタクシー料金の参考ページに、大まかな目安があるので、便利。

ニューヨークの場合、JFK 空港とマンハッタン間は一律料金。$45が現在の料金だけれど、上がることもあるので、旅行前には確認を。


ニューアーク空港の場合、現在、$50〜$70と、場所によっては、+$5ドル。この5ドルは、有料道路料金。

有料料金なら、どちらもお金を取ればいいのに(良くないか)、何故かニュージャージーからマンハッタンに入る時だけ支払うので、私は「マンハッタン入場料」と呼んでいる。


チップは大体、15% から20%。街でタクシーを拾う時は、手を上げて呼び止める。ドアは自分で開ける


タクシー乗り場で待機という事は殆ど無いので、流しを拾うのが主流。車の屋根のランプが付いていれば、乗車可能。マンハッタンは一通が多いので、逆方向で拾わないように気をつけて。



ホテルから空港に行く時、
Could you call me a taxi?
クッヂュミー  クシー
とタクシーを呼んでもらうと、お馴染みの黄色い色ではないタクシーが来る場合がある。

ニューヨークには、イエロー・キャブの他に、ゴマンとCar Serviceの会社がある。たいてい、フロントガラスや横の窓ガラスに○○Car Service とあるはず。白タクではないのでご安心を。もちろん、そういう輩はいるので、気をつける必要はあるが…


運転は、イエローキャブでも、Car Service でもたいてい荒い。もし、丁寧な運転手にあったら「ラッキー」と思って下され。

↓カテゴリ100位内目指してます。
人気ブログランキングへ
2010年02月01日

海外旅行ブログ村| 英語ブログ村
| 旅の情報・心得| | Comment(0) | TrackBack(0)
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
この記事へのトラックバック
コメントを書く
お名前: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]
※画像の中の文字を半角で入力してください。


 ※桜が承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。