市内バスでの英会話

category:旅行英会話
tag:旅英語 交通手段

市内バスでの英会話といっても、世界中どこにでもいる気さくでお喋り好きなオバチャンとの会話ではない。当たり前か。

バスに乗るのに会話なんて必要ないのではないかと思われるかもしれないが、見知らぬ土地では案外戸惑うのがバスなのである。

「バスを乗りこなせるようになると、その町を制覇した気分になる」とは、私の弁であるが、それくらい使いこなすのは難しい。

というわけで、色んな場面を想定しての旅行英会話。
慣れない場所でバスに乗るとき、まず困るのが、「バス停どこ?」という事。ターミナルなど、色んな行き先のバスがあると「どれ?」となる。

バスの番号がわかっていたら、
Where can I get bus number ○? ウェ キャナイ ゲッ バンバー ○?
と聞く。わからない場合は、行き先を使って、
Where can I get a bus to ○○? ウェ キャナイッタス トゥ ○○?
と聞く。


インフォメーションで確認していない場合だと、「このバス、○○に行くかしら?」という不安もある。善意からではあるようだが、テキトーに答える人は山ほどいるからである。

そんな場合、バスの運転手さんに、
Does this bus go to ○○? ダズ ディ ゴゥトゥ ○○?
「このバスは○○に行きますか?」と聞く。

幸い運転手さんにまで騙されたことはないけれど、○○の発音が上手く通じない事もあるので、行き先を大きい字で書いておくと便利。

ガイドブックで済まそうとすると、見慣れない文字に運転手は戸惑い、車内からは「早くしろよ」的空気が流れるので、控えた方が無難。

それにこうして確認を取っておくと、そのバス停に来た時に教えてもらう事もある。

I wanna go to ○○. アィゴゥートゥ ○○.
Please let me know where to get off.
ーズ レノゥ ウェアトゥ ゲットフ
「○○に行きたいです。どこで降りるか教えて下さい。」

こう言って、運転席からあまり離れないところにいれば教えてもらえる。

他にも、
How many stops to get there? ハゥメ タッ トゥ ゲッゼア
「そこまで何駅ですか?」
と聞くのも良いかも。

この一言で、無事につく確率がぐんと上がる。特に夜など暗くて外が良くわからない時には便利な表現。



↓カテゴリ100位内目指してます。
人気ブログランキングへ
2010年04月13日

海外旅行ブログ村| 英語ブログ村
| 旅行英会話| 旅英語| 交通手段| | Comment(0) | TrackBack(0)
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバックURL (※桜が承認したトラックバックのみ表示されます。)
http://blog.seesaa.jp/tb/146407981


コメントを書く
お名前: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]
※画像の中の文字を半角で入力してください。


 ※桜が承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。