アメリカカテゴリ記事

オバマ次期大統領と批評眼

category:アメリカ
tag:オバマ大統領

寝ても覚めてもオバマニュースな昨今。政治関連もあれば、殆んど芸能人扱いのニュースもあり、いつも憂いている私の友人は、「オバマニュースにはもううんざりだ。」とのたまった。

選挙ではオバマ氏に投票した彼。オバマ氏の演説も「ぜひ聞くように」と私に言った彼だが、その後の報道には辟易している様子。

「皆、まだブッシュが大統領だという事を忘れているよ。」と言う。

続きを読む


ブログランキング・にほんブログ村へ←ちょっと応援
PAGE TOP

ハイスクール ミュージカル 現実編

category:アメリカ
tag:舞台裏

ハイスクール ミュージカル見たことありますか?

私はないのだけれど、きっとこういう映画を見ると、アメリカの高校生って芸達者と思ってしまうのだろうなぁと思う。

実際、チアーズ!とか、セイブ・ザ・ラストダンスとか見て、アメリカの高校生ってスゲーなぁなんて思ったし。
続きを読む
ブログランキング・にほんブログ村へ←ちょっと応援
PAGE TOP

一夜明けた学食にて

category:アメリカ
tag:オバマ大統領

今、私は私立高校で単発の仕事をしている。学校に行くと、入り口にある超薄型液晶テレビには、オバマ氏の勝利宣言が流れていて、その周りには人だかりが出来ていた。


「私が子供の頃は、大統領になれるのは白人の男だけだと思っていた。女や、黒人、ヒスパニック、アジア系の大統領など夢にも思わなかった。」と先生が言うと、「何で?」と素朴な疑問を投げかけた高校生がいた。

あまりのその純粋な "WHY?" に、「歴史をもっとしっかり教えた方が良いのではないか?」と疑問に思った程。
続きを読む
ブログランキング・にほんブログ村へ←ちょっと応援
PAGE TOP

バラク・オバマ氏当確

category:アメリカ
tag:オバマ大統領

USpresidentialelection2008.jpg

今日は夕方の4時から深夜までお仕事だった。上の写真はそこで見つけた。中々凝った代物である。


続きを読む
ブログランキング・にほんブログ村へ←ちょっと応援
PAGE TOP

アメリカ永住権くじと注意事項

category:アメリカ
tag:アメリカ永住権

すっかり忘れていたけれど、Diversity Visa (DV) Lotteryプログラムが始まっている。応募期間は12月の1日(正午、米東部標準時間)まで。詳しくは、日本語の説明(PDF)を参考に。

リンク先は、アメリカ政府のサイト。

無料で簡単に応募できるこの『通称グリーンカード宝くじ』を、さもごたいそうに代行手続きしますというサイトが存在するのでご注意を。


続きを読む
ブログランキング・にほんブログ村へ←ちょっと応援
PAGE TOP

13年ぶり円高の憂鬱

category:アメリカ
tag:

実は、今年の末に日本に帰る。

ニューヨークをいったん離れて、次の目的地はパリである。帰国準備などというものは全く進んでいなくて、今は来週オープンのお芝居で大忙し。

そんなさなかに飛び込んできた、13年ぶり円高のニュース。ってことは、ドルを円に今変えてもバカらしい事になる。微々たる手持ちドルであるが、さらに微々になってはとっても困る。

といって、今しばらくはドルのまま眠らせておくか。。。などとは出来ない、貴重な生活費である。どうしてくれよう。。。
続きを読む
ブログランキング・にほんブログ村へ←ちょっと応援
PAGE TOP

日本人でラッキー

category:アメリカ
tag:比較文化

今回を含めて、私は2度ほどアメリカ再入国の際にゴタついたけれど、ま、原因は半分くらい自分にあって、それでも何とかなっているのは、私が日本人だからだろう。

「大多数」の日本人は法律を守って、不法滞在もせず、問題視されていないからだと思う。

続きを読む
ブログランキング・にほんブログ村へ←ちょっと応援
PAGE TOP

アメリカ入国時の注意事項

category:アメリカ
tag:桜の事件簿

入国管理官には、巨大な権限、あなたをアメリカに入国させない権利がある。

旅行で一週間というのなら、余程の事がない限り問題ないが、ちょっと書類が通常と違うと、鼻の効くスペシャリストがいるものなのだ。


私の知り合いでは、アメリカ人の彼の地元で結婚式をするのに、観光で入り、彼氏の住所を正直に滞在先に書いたが為不審に思われ、荷物チェックをされたという人がいる。

その程度ならまだ良いが、荷物の中から、ラブレターが出てきて、結婚式の事も書いてあって、「入国目的の虚偽申請」という事で強制帰国させられた。

私も実は、一度、別室送りの憂き目に会っている。
その時は、書類は完璧だった。
続きを読む
ブログランキング・にほんブログ村へ←ちょっと応援
PAGE TOP

女神が微笑み再入国

category:アメリカ
tag:桜の事件簿

入管でごたついたという、お話について。

実は今回、私の書類には見事に欠陥があった。私は今、院を卒業して、OPTという、専攻関連の仕事が出来るという期間である。この期間中はアメリカ国外に出ない方が無難と言う人も多い。

噂よりは頼りになるだろうと、 大学のInternational Student Office で確認したのだが、きちんとダブル・チェックをしなかったので、やっぱり間違っていたと、パリで知ることになる。
つづきを読む
ブログランキング・にほんブログ村へ←ちょっと応援
PAGE TOP
アメリカカテゴリ記事:
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。