桜の英語四方山話へようこそ

外貨両替日本で気をつけること

category:旅の情報・心得
tag:外貨両替

外貨を日本で取り替える場合、小銭の両替はできない。外国の小銭は取り扱っていないからだ。

なので、小銭は現地にいってお釣りや何かで仕入れなければならない。

ちょっと小銭に両替するつもりで100ドル札を出してコーヒーを飲もうとしたら、
We don't accept bills larger than 20.
と言われて買えなかった。。。なんて事が起りうる。

そう、銀行で普通に両替すると、平気で現地で流通していないお金を渡してくるのである。

続きを読む
ブログランキング・にほんブログ村へ←ちょっと応援
PAGE TOP

海外旅行:お得な両替術 2

category:旅の情報・心得
tag:外貨両替

昨日はちょっとお得な両替術についてお話したけれど、今日は、現金・トラベラーズチェック・クレジットカードと、ワールドキャッシュカードの、便・不便の話など。

「一円でもお得」な旅と「できるだけ無駄な時間は使わない」旅と、どちらを選ぶかによって、組み合わせは異なってくる。

「組み合わせ」と表現しているのは、海外旅行に「現金だけ」とか「クレジットカードだけ」というのは、すこぶる危険だから。リスク分散は、なにも投資だけの話ではないのである。

続きを読む
ブログランキング・にほんブログ村へ←ちょっと応援
PAGE TOP

海外旅行:お得な両替術

category:旅の情報・心得
tag:

昨日両替する時の英会話について触れたけれど、今日はお得な両替についてのお話。

為替レートという、世界の経済を動かすものは個人でどうこうできる問題ではないけれど、各銀行や両替商は為替レートに上乗せした独自の「レート」を持っているし、「手数料」は結構違いがあるもの。

この違いを上手く活用すると、お得な両替ができるわけである。

続きを読む
ブログランキング・にほんブログ村へ←ちょっと応援
PAGE TOP

通貨を両替する時の英会話

category:旅行英会話
tag:旅英語:両替編

さて、今週はまた旅行英会話に話題を戻して、今回は両替編。

港に着いて、さて両替という時の英会話である。日系の飛行機会社などを使ってここまで順調に来ると、案外初めての本格的英会話となるのではないだろうか。

とはいっても、流れはだいたい決まっているので、難しい事は全く無い。

ようは「どこで」両替できて、「小銭を入れて」とか「レシートをくれ」というリクエストができれば充分なわけである。

続きを読む
ブログランキング・にほんブログ村へ←ちょっと応援
PAGE TOP

アメリカ旅行の注意事項(?)

category:旅の情報・心得
tag:動画 ジョーク

david.jpg今週は形容詞節のウンチクなどを語り、ちょっと固かったので少し頭を柔らかくするお話を。

David Is To Be Returned To Italy
A bit of cultural news for a welcome change.
と題して送られてきたメール。

なんでも、
After a two year loan to the United States , Michelangelo's David is being returned to Italy.
アメリカに貸し出されたミケランジェロのダビデ像がイタリアに戻ってきたそうです。

続きを読む
ブログランキング・にほんブログ村へ←ちょっと応援
PAGE TOP

形容詞節の注意点

category:英語日記と役立つ英文法
tag:形容詞節

日本語の形容詞節と英語の形容詞節の重要な違いについて、昨日お話ししたけれど、今日は形容詞節の使い方について、ちょっとお話ししたいと思う。

というのも、日本語の形容詞節をそのまま単純に英語の形容詞節にしてしまうと、読みにくい英文ができてしまう事が多いから。

特に英語日記を書いている方は注意してもらいたい点。続きを読む
ブログランキング・にほんブログ村へ←ちょっと応援
PAGE TOP

形容詞節の考え方

category:英語と日本語
tag:形容詞節

形容詞節には、and でつなげられるような付加情報非制限用法と呼ばれるものと、名詞の枠を規定してあげる制限用法がある。

英語の形容詞節を、英語の構造だけに着目して、パズルみたいに解いていると、この、日本語にはない、肝心な使い分けの意味を見逃してしまう。

「日本語にはない」使い分けだけれど、その意識の仕方は、それ程難しくない。

というわけで、その難しくない意識の仕方のお話し。

続きを読む
ブログランキング・にほんブログ村へ←ちょっと応援
PAGE TOP

英文法学習の問題点

category:脳ミソと英語(英語勉強法)
tag:形容詞節

昨日、「言葉を自然に覚えた」方法を英語にも応用できないか、私なりの方法で、形容詞節で取り組んでみたのだけれど、この方法をとってみると、従来学校で行う「2つの形容詞節の書き換え練習」の問題点が見えてくる。

I made a friend. He came from Tokyo.

I made a friend who came from Tokyo.
を、日本語のプロセスの意識なしに、単純に書き換える練習法。

「英文法わかったつもり」だった中学生の私は、こういう問題をまるで「パズル」のように解いていた。あまり意味も考えずに。

「私は英語が好きな学生です。」みたいな文を
I am a student. I like English.
から繋げて、意味不明な英文を作ったのだ。

続きを読む
ブログランキング・にほんブログ村へ←ちょっと応援
PAGE TOP

英文法に取り組む姿勢

category:脳ミソと英語(英語勉強法)
tag:英語勉強法 形容詞節

姪や甥と話していると、「あぁ、こうやって子供は言葉を覚えていくんだなぁ。」とシミジミすることが時々ある。

私の場合、ニューヨークに住んでいたので、彼らに会うのは数年に一度。そうすると、「以前は、こんな言葉の使い方しなかった!」ということに出会う。

そういう「言葉を自然に覚えた」方法を、英語にも応用できないかな…、と考えてしまうのは、私だけではないと思う。


今日はそんなお話

続きを読む
ブログランキング・にほんブログ村へ←ちょっと応援
PAGE TOP

成人式に思うこと

category:私日記
tag:

今日ニュースを見ていたら、成人式で暴れる人たちが映し出されていた。「式を滅茶苦茶にする礼儀の知らず若者」という報道のされ方だったけれど、ま、そうだわな。


私自身は、「成人式?行ってなにかあるの?」という心持だったので、行かなかった。当時地元に住んでおらず、3時間程度で帰れたとはいえ「面倒くさい」気持ちの方が勝ったし、会いたい友達には会いたい時に会うから、別に「この機会に」という気持ちも無かった。

だから、こういう「暴れる人」を見ると、だったら行かなきゃいいのに。と思ってしまうが、まぁ、色々人は人で考える事があるのだろう。

なので、今日は成人式について、私的な考えを述べたいと思う。続きを読む
ブログランキング・にほんブログ村へ←ちょっと応援
PAGE TOP
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。